適応障害になると泣くことがありますが、無理に抑える必要はない話!

スポンサーリンク
適応障害

毎日一人になると泣いてしまったり、仕事中に涙が出てしまうのですが、どうしたらいいでしょうか?

実はそれ、適応障害の症状の一つだったりします。

なぜなら僕も適応障害と診断されていたのですが、仕事中に泣いてしまったり家で泣いてしまったりしていたからです。

この記事では、適応障害になると涙が出やすくなる理由だったり、泣きたい感情を抑えなくてもいいといったことが書いてあります。

記事を読み終えると、実は泣くことは重要なんだなと気が付けると思います。

スポンサーリンク

適応障害になると涙が出やすくなる理由

f:id:hamubee:20190830205816j:plain

適応障害になると、涙が出やすくなったりします。簡単に言うと涙もろくなります。

頭の中は不安でいっぱいで物事を考えることができなくなるため、感情をコントロールすることができないからです。

個人的には、仕事中に易しくされると涙が出ていた気がします。

  • 別課の同僚に話を聞いてもらったとき
  • 仕事をミスした時

上記の通りですが、基本的に優しくされたり、迷惑かけたなと感じると涙が出るような感じです。

頭の中が不安でいっぱいなってしまい、感情をコントロールできないため、ちょっとしたことであふれ出す涙を抑えれない状態なのです。

涙もろくなるのは適応障害の症状です【実例】

f:id:hamubee:20190830205939j:plain

上記の通りなのですが、適応障害になると涙もろくなったりします。

僕は仕事中だろうが、一人になったときだろうが、涙もろくなっていました。

  • 一人になると泣いてしまう
  • 仕事中に泣いてしまう

上記のパターンごとに解説していきます。

一人になると泣いてしまう

基本的に一人になるといろいろ考えてしまうので、泣いてしまいやすいです。泣いてしまうパターンとしては、

  • 寝る前
  • 会社からの帰り道

上記の通りでして、どちらも孤独の時間帯だから、いろいろ考えてしまうからです。

会社で人前で泣いてしまう

会社では仕事中に泣くことがよくありました。

適応障害により不安感が強く、感情をコントロールすることができないからです。

僕の場合は下記のパターンで涙が出ていました。

  • 別課の同僚に話を聞いてもらったとき
  • 仕事をミスした時

上記の通りでして、どちらも僕に対して同僚や上司が、優しく接したことによるものです。

感情のコントロールができないので、涙があふれてくるという感覚です。

泣きたいという感情を無理に抑える必要はありません

f:id:hamubee:20190830210119j:plain

泣いてはいましたが、無理に泣くことを我慢する必要はないと思っています。

泣くことは、笑うことよりストレス発散になるからです。

僕の場合は、一人の時は逆にわざと泣くようにもしていました。

感動、うれしい、悲しい時の涙は、リラックスしているときなので、できればながしっぱしにしておくほうが、ストレスの発散にはよかったですね。

なので、もし泣きたいという感情にあるのならば、無理に抑えないほうがいいと思います。

まとめ

f:id:hamubee:20190830210241j:plain

最後に記事の内容をまとめます

適応障害になると、涙が出やすくなります。

涙もろくなるのは適応障害の症状の一つなので、突然涙が出ることがあります。

涙が出る状況としては、下記の感じでして

  • 一人の時
  • 同僚に優しくされた時
  • ミスをして申し訳ないと思う時

上記の通りです。

泣くことは恥ずかしかったりしますが、実はストレス発散にはもってこいなので、一人の時はわざと泣くようにしてもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました