Nagyablog

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

休職中に戻りたくないと感じる!復職したくない人ができる3つのこと

スポンサーリンク

休職中に戻りたくないと感じる!復職したくない人ができる3つのこと

f:id:hamubee:20191007220808j:plain

今の仕事が精神的にしんどくなったので、休職しました。休職期間が終わろうとしていて、もうすぐ復職する予定なのですが、正直職場に戻りたくなかったりします。

 

実は戻りたくないと感じている状態で復職しても、いい仕事はできない可能性があります。

 

なぜなら僕は、1か月の休職予定だったのですが、どうしても戻りたくなかったので1か月延長しました。

 

結果2か月で復職したのですが、もうちょっと休みたいかなと思いつつ復職してしまったので、最初のころはやる気の面やちょっとしたことで精神に来る感じがきつかったことを覚えているからです。

 

この記事では、休職中に職場に戻りたくないと感じた場合にできる3つのことを紹介しております。

 

記事を読み終えると、職場に戻りたくない(復職)と感じた時にできることがわかるので、少しだけお付き合いください。

1.職場に戻りたくない(復職)と感じた時にできる3つのこと

f:id:hamubee:20191007220913j:plain
休職すると、職場に戻りたくないと感じるのは普通のことだったりします。

 

精神的に疲弊している状態であれば、職場に戻りたいとは思わないのが普通です。

 

休職することにより、精神的に回復してくると、だんだん下記の様な感じになります。

 

  • ぼちぼち職場に戻ってもいいかな

 

上記の通り、精神的に回復してくると沸き起こる感情です。

 

しかし、どうしても上記の感情にならないのであれば、少し視点を変えて、下記の3つの行動に出る必要があります。

 

  1. 休職期間の延長
  2. 異動を条件に復職する
  3. 思い切って転職活動する

 

上記の通り3つほどです。下記にて詳しく掘り下げていきます。

1-1.休職期間の延長

休職期間の延長を検討しましょう。

 

職場に戻ってもいいと思えないのは、精神的に回復しきれていない可能性があるからです。

 

個人的には、1か月間の休職だったのですが、復職間近になっても全く会社に行きたいと思えませんでした。

 

主治医と相談して、「もう1か月間休んで様子を見よう」ということになり、1か月間ほど延長しました。

 

どのくらい休んだらいいのか?なんて誰にも分らないので、もし職場に戻るのが無理と感じるのであれば、主治医に相談して休職期間を延長してもらうといいです。

1-2.異動を条件に復職する

もし仮に復職しないといけない場合は、異動を条件に復職できるように会社と交渉しましょう。

 

職場や仕事が原因で休職したのであれば、元の環境に戻ると再発する【休職 ⇒ 復職 ⇒ 休職】可能性があるからです。

 

個人的には、休職期間を延長した後、「もう延長は無理かなと」感じていたので、異動を条件に復職することを面接にて話していました。

 

結果的には、休職中に異動が決まったので、周りの目を気にすることなく、スムースに復職することができました。

 

なので、職場に戻る(復職)つもりなのであれば、職場環境を変えてもらえるように調整してみるといいと思います。

1-3.思い切って転職する

上記2つを試しても無理な様なら、思い切って転職してしまいましょう。

 

職場に戻ろうと思っても、異動できなかったりする理由って色々ありますよね。

 

  • すぐに異動させることは無理(会社都合)
  • 引っ越ししたくない(自己都合)

 

上記の通りです。自分にも会社にも都合があるのでしょうがないです。

 

上記の場合、無理して職場に戻っても(復職)しても再発するリスクが潜んでいる以上は、思い切って転職してしまうのもありです。

2.休職活動中に転職活動してもOKですよ

f:id:hamubee:20191007222958j:plain

休職期間中は時間があって、特にすることがない場合は、合わせて転職活動すればOKです。

 

休職期間中は、特に誰かに監視されたりしないので、自由に活動して問題ないからです。

 

意外と転職活動に集中できる休職期間中ですか、デメリットもしっかりあるのでそのあたりを下記にて解説していきます。

2-1.休職中に転職活動するメリット

休職期間中に転職活動するメリットは下記の通り2つほどです。

 

  • 復職することを考えなくていい
  • 退職後に転職活動するのと同じくらい活動に集中できる

 

上記の通りです。給料はしっかり払われるので、若干の罪悪感を感じつつ、転職活動ができます。

2-2.休職中に転職活動するデメリット

休職期間中に転職活動するデメリットは下記の通りです。

 

  • ブランクがあるので、転職後フルに働くのがしんどい

 

上記の通りです。

 

僕は一応復職したのですが、復職後にフルで一日働くと意外としんどかったりします。

 

なので、復職の場合は下記の通り

 

  • 時短勤務
  • 慣らし勤務

 

上記のように、「少しずつ働いていきましょう」といった感じで受け入れてくれます。

3.まとめ

f:id:hamubee:20191008202951j:plain

最後に記事の内容をまとめていきます。

 

休職中に職場に戻りたくない(復職したくない)と感じるならできることは下記の3つになります。

 

  • 休職期間の延長
  • 異動を条件に復職する
  • 思い切って転職する

 

個人的には、転勤以外は実行済みですが、何とか働けているので良かったと思います。

現在は働きながら転職活動中だったりしますので、復職できたからといって、続くかというとそれはまた別の話だったりします。

 

今回はこんな感じで終わろうと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。