ボテ腹ボルダーの日常

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

幼少期にバレエを習い事としておすすめする理由

小さい子供を持つ親御さんへ。

始めまして、なぎゃおです。

 

将来子供に何かしら、スポーツをやってほしいなって思っているけど、どんなことをさせたらいいのかわからない。あと、何かのスポーツでそれなりに結果を出させてあげたい。なんてことを考えたりしませんか?

 

将来どんなスポーツに興味を持つかはわかりません。だけど、どのスポーツをやるにしても、共通して大事なことがあります。本記事では、幼少期のお勧めするスポーツについて紹介していきたいと思います。

 

■もくじ

 

 

 

1.幼少期にさせたいお勧めのスポーツ

1-1.おすすめスポーツはバレエ

個人的にバレエを進める理由としては、高い柔軟性が必要となるスポーツだからであす。バレリーナをイメージしてもらえればわかると思うのですが、基本的に柔軟性が高く姿勢が美しい姿を想像しませんか?

 

全てのスポーツに共通することなのですが、柔軟性が高いということが重要だったりします。なぜなら柔軟性が低く体が硬い場合、体を動かす際に余計な力を使ってしまっているわけです。

 

その結果、体に負担がかかるため運動パフォーマンスの低下だけでなく、けがをしやすいといったことにつながるからなんです。

 

スポーツの世界で結果を残すような選手は、例外なく柔軟性が高いんですね。

1-2.おすすめの時期

一度お子様の柔軟性を確認してみてはいかがでしょうか?成長するにしたがって、柔軟性は失われていくようにできております。

 

これは、柔軟性が関節の可動域に関係してくるからなのですが、日常生活で関節をめいいっぱいに使うことがなくなってくるからです。要は動かさなくなるからなんですよね。

 

個人差があるものの、幼少期というものは比較的柔軟性が高いです。なので、体の柔軟性が十分にある幼少期に始めるのがいいと考えています。

 

バレエ教室にもよりますが、3歳から受け入れてもらえるところもありますので、そのころから始めてもいいと思います。

 

ただ、個人的には小学生に入ってから初めて遅くはないと思います。小学生の低学年のうちはまだまだ柔軟性がありますので、受難性があるうちに始めれれば遅くはないと思っています。

 

ちなみにこちらは、小学1年からバレエを始めた、小学2年生の長女です。めちゃくちゃ体が柔らかいですよね。

f:id:hamubee:20190222210048j:image

 2.バレエ以外にさせたいお勧め

2-1.おすすめはスラックライン

まず最初にスラックラインって何?と言われる方もおられると思いますので、簡単に説明させていただきます。

細いベルト状のラインの上でバランスを楽しむ遊びです。バランス感覚や集中力などを鍛えることができると他のスポーツのオフトレーニングとしても幅広く使用される。

(Wikipediaより)

 

Wikipediaの説明の通り、バランスを非常に使うスポーツ(遊び)であるため、スポーツをするうえで重要な、体幹を遊びながら向上させることができます。

 

筋肉が生み出した力を効率よく動かすためには、体幹を向上させておく必要があります。

 

体幹が弱い場合は体を効率よく使えないため、一部の筋肉だけを使ってしまい動作効率が悪くなります。

 

どんなスポーツでも共通しているのですが、全体の筋肉を連動させる必要があって、それを効率よく行うためには体幹を向上させておく必要があります。

2-2.おすすめの時期

スラックラインをお勧めする時期としては、できるだけ早いほうがいいと思います。だけど、遅くても問題ないと考えます。

 

柔軟性とは違い成長に従い衰えていくというよりは、筋肉と同じで鍛えれば鍛えただけ、成長する分野だと思っているからです。

 

そもそも体幹という言葉が登場したのは、ここ最近でして、昔は体幹を鍛えるという概念はなかったと思います。

 

プロの選手でも体幹に注目してトレーニングを行うことで、成績が伸びたといった話もあるくらいですからね。遅すぎるということはないです。

2-3.スラックラインをやる方法

スラックラインをやるためには、スラックラインができる施設に通うかスラックラインを購入する必要があります。

 

スラックラインを購入するほうが、費用的にはお勧めであったりします。

 

スラックラインの購入費用は6000円~10000円であるのに対して、施設の値段は1DAY:1080円 3カ月フリーパス:24000円 年間フリーパス:96000円と購入してしまったほうが圧倒的に安いですね。

 

ちなみに我が家では、庭に設置しているので、こちらを参照していただきたいです。

 

www.hamubee.com 

3.バレエをする副次的メリット 

最後に柔軟性の向上以外に、バレエを行うことのメリットを紹介しておこうと思います。メリットは2つです。

3-1.人前で緊張しにくくなる

バレエ自体が人に見せることが前提のスポーツだからですね。大きな舞台で大勢の人に見られることによって、人前で何かするときに緊張しにくくなると思います。

3-2.姿勢がよくなる

そもそもバレエは姿勢がよくないと踊れません。人に見られることが前提の競技であるため、美しく踊ろうとするはずです。この結果、姿勢がよくなると思われます。

4.まとめ

人には向き不向きがあると思っています。大きくなったら、どんなスポーツをするかなんてわからないし、続かなくていろいろなスポーツを経験される方もおられると思います。

 

そもそもスポーツをしないかもしれません。

 

どんなスポーツに共通して大事なのが、体幹と柔軟性の高さが必要になります。

 

これが、バレエをお勧めする理由です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。