ボテ腹ボルダーの日常

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

ダイエットの秘訣。太る努力をやめることから始めませんか?

スポンサーリンク

こんにちは。

今回はダイエットに関する記事を書いております。

僕は2018年4月よりダイエットを始めました。過去何年かにもダイエットは行ってきましたが、長続きしなかったのでここではなかったことにしたいと思います(笑)

 

ダイエット目的は人生最大体重を更新してしまったことによるものでした。なぜ人生最大体重にまで増加してしまったのか…。

 

目次

 

 

1.環境変化

2017年4月に転勤して単身赴任になったので生活環境が大きく変わったことが原因の一つにあると思います。デスクワーク中心の仕事&ご飯は好きなものを食べるという自由すぎる食生活。太るための生活をしているようなものですね(笑)

2.太ったと自覚する理由

だけど太っていることには正直気づいていませんでした。何をきっかけに太ったことを自覚したのか?こんなやり取りがあったりします。

 

パパ最近大きくなったね

えっ?そんなに変わらないでしょ。

おなかが出てきたよ

それは今ご飯を食べたばかりだからだよ。

えぇ~ 私食べたばかりだけど出てないよ。

お腹ぺろぉ~ん!!!

ほんとに食べたの(笑)

 

ということで、翌朝空腹時に体重計に乗ってみると何と78Kgに到達しておりました(笑)

このやり取りで僕は太ったことに気が付いたのですが、皆さんも経験ありませんか?よくあるのは僕のように第三者から太ったのではと指摘されるパターンが多いのかと思います。

毎日顔を合わせている人はなかなか変化に気づきずらいのです。まあ、子供は変化に気づきやすいのかもしれないですね。

自分ではなかなか気が付かない場合が多い気がします。気が付いていたとしても太ったことを自覚したくないので、気にしないふりです。人に言われて突きつけられるのです。

3.太るには努力がいる

皆さんは今現在何か毎日努力していることはありますか?学生さんであれば成績アップのために毎日努力して勉強していたり、部活でレギュラーを取りたいがために必死で努力していたりしますよね。

会社員であれば、新しい資格にチャレンジして毎日必死で勉強したり、毎朝遅刻しないために努力して起きたり…。あっこれは努力ではないか。

もちろんダイエットを始めた人たちも痩せるために努力をしているのだと思います。

僕も絶賛体重増加期間中に努力をしていたことがあります。それは

 

「太るための努力」です。 

 

今回の記事はこの一言を言いたいために書いていたりします(笑)

4.体重が増える仕組み

とんでもない見出しを付けてしまいましたが、単純に食べ過ぎれば体重は増えます。1Kgのものを体に入れれば体重は1Kg増えます。一次的にですけどね。

 

体脂肪はどうでしょうか?摂取カロリー約7Kcalで体脂肪は1g増加するといわれています。約7000Kcalで1Kgの脂肪が蓄積される計算となります。

 

仮に1日2500Kcal摂取したとしましょう。これだけでも約3日で1Kgの体脂肪となります。ですが人間には基礎代謝といって、生きているだけでカロリー-を消費してくれるようになっています。(臓器の動き、筋肉の動き、呼吸などがそうです。)

 

年代・体重・身長・性別である程度の数値は公表されているのですが、僕の場合だと1700Kcal消費されるようです。何も運動とかしなくても1700Kcal消費してくれます。

 

例えば、2500Kcal摂取して1700Kcal消費するとなると800Kcalずつ体脂肪として蓄積されていく計算になります。大体100gの体脂肪が毎日蓄積していく感じですね。

これを10日続ければ1Kgの体脂肪、1か月続ければ3Kgの体脂肪が蓄積されていきます。

 

まあ、何もしないといっても少しは歩いたり、デスクワークとは言ってもそれなりにカロリーは消費するので、もう少し体重増加のペースは緩やかになりますが。だから余計に気が付きづらいんですね。

5.好きなことへの努力は気づかない

体重が増える仕組みを理解していただければ、お分かりになるかと思いますが、一日だけ食べ過ぎたからと言って、太るわけではありません。(一時的に体重は増えますけどね。)

 

大食い選手みたいに毎日3000Kcal~4000Kcalも食べれば別ですが、普通の人は食べ過ぎても2500Kcalなもんですよ。

 

太る人は毎日脂肪を蓄積していった結果なのだと思います。皆さんが貯金をする場合、節約とか努力して少しずつためたりしませんか?脂肪も貯金と同じだと思っています。太る人は太るために毎日少しずつ努力して脂肪を蓄積しているわけですよ。

 

えっ?太りたくもないのに太るために努力なんてするわけないじゃん…。

 

そういわれるのはしょうがないと思っていたりします。好きなことを頑張っている時って自分で「努力してるなぁ」って思わないですもんね。

 

太るときってのは、好きなものを食べたり嫌いな運動をしなかったりという行動を自然と行っています。好きなことをしたりするときって、自分では努力だとは思わないんですね。でもこの自然と努力している行為が太るための努力なんですけど、本人はなかなか気づけないんですよね。

6.痩せるためにすること

先ほどお話しした、太るための努力をやめることから始めたらいいのではないかと思います。いきなり食事を制限したり、いきなり激しい運動をする必要はないと思っています。

具体的に何をするのかといいますと、一番最初にやるべきことは体重を測ることなんです。時間帯は空腹時である朝起きた時がいいと思います。そしてそれをしばらく続けることが重要になります。

 

体重を測るメリットとしては、やはり客観的に自分の体重を数値で把握できるということだと思います。でもこれが一番重要だと思っています。

 

継続して体重を測るメリットは、今現在体重が増加しているという客観的事実を認識することにあります。先ほどもお話ししましたが、脂肪は少しづつ蓄積されているので、体重も毎日少しずつ増えていくことになります。これを認識するだけでも意識は変わってきます。

 

あっ!!!やばいっ!!!体重増えてるわぁと気づけたら成功です。

7.まとめ

最終的にまとめますと、太る人は太るための努力を続けた結果であるということです。太るための努力をしているということはなかなか気が付きません。体重を毎日測ることで、その努力をしていることに気が付くことができます。

太るためには毎日の積み重ねが必要です。太るための努力をやめて、痩せるための努力をしてみませんか?

ちなみに僕は2018年4月~2018年10月までは筋トレ・食事制限等のダイエットを行ってましたが、11月~12月までは一時やめておりました。食事制限もほぼほぼ解除し、筋トレの回数も激減しました。雄一やめなかったことは、体重の計測だけです。これにより体重を維持することに成功しました。

 

体重管理はレコーディングダイエットと言われる手法になるのですが、レコーディングダイエットのそのほかの内容については以下の記事を参照していただければと思います。

www.hamubee.com

 

まずは体重を定期的に測ることから始めましょう。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。