Nagyablog

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

スクワットはきついですが、メリットだらけです。継続しましょう!「ダンベル何キロ持てる?」第3話感想

スポンサーリンク

こんにちは。ナギャオです。

 

今回は筋トレを題材にした漫画「ダンベル何キロ持てる?」の第3話について紹介していきたいと思います。

 

 今回のテーマはスクワットになります。

 

お尻や太ももの引き締めをしたい人におすすめのトレーニングとなります。 

1.ダンベル何キロ持てる?第3話ストーリ&感想

6月…。アイスをほおばりながらあやかちゃんと帰るひびきちゃん…。

ソーダ味…。69Kcalが二本です。まあ熱いですからね。気持ちはわからんでもない。

 

あやかちゃんは気づいてしまいます。「お前…ファスナー限界じゃね?

けつも、太ももも、爆発寸前とのことです。てかファスナー限界ならうすうす気づきそうなもんですけどね…。他人に指摘されるまでわからいなんて(笑)

 

ひびきちゃんは、夏までの2か月間でダイエットを決意するのであった。

いや…。二本目食うなよ…。でも捨てるのももったいないしね(*‘∀‘)

 

ジムに訪れたひびきちゃん…。今日はスクワットを教わることになります。朱美ちゃんはすでにスクワットをやっている最中でした。

朱美ちゃんてトレーニング中は喘ぎ声なんすね…。さすが筋トレマニアです。えっ?筋トレマニアって喘ぐの?きっと朱美ちゃんだけかと…(;゚Д゚)

 

スクワットはフォームが大事だからということで、初心者のひびきちゃんはバーを持たずにやることに。

 

おもりなしでしゃがむなんて楽勝と余裕をかましますが、何とか10回できる程度の筋力でした。

 

次はバーを担いでやってみようと、提案されるも相当きついことが分かったひびきちゃんは嫌そうです。

ま、まあね…。おもりなしでギリ10回できるレベルの筋力ですからね…。そりゃ嫌でしょう(*‘∀‘)

 

朱美ちゃんに「お尻や太ももの引き締め効果が抜群」と言われ、「モテル」イメージを持ったひびきちゃんはスクワットに燃えるのでした。

そりゃ、太ももも、お尻も爆発寸前と危険物扱いされれば、気になるよね…。ましてや夏に逆ナンを目指そうとしてるんだから…。

 

翌日…。足ががくがくで歩けないひびきちゃんの姿が…。

ま、まあ…。やりすぎです。しっかり下半身に効いてるからいいんじゃないのかな(^^♪

 

f:id:hamubee:20190506164011j:image

2.スクワットについて

2-1.スクワットの基本姿勢

スクワットの基本姿勢はこんな感じです。

  • 肩幅より少し広めに足を開く

  • 重心はかかとに乗せる

  • 肩、首の付け根にバーベルを乗せる

  • 猫背にならないように視線はまっすぐ

 

f:id:hamubee:20190428231715j:image

2-2.スクワットの基本動作

スクワットの基本動作はこんな感じです。

  • 太ももが床と平行になるくらいまで腰を落とす(息を吐きながら)

  • 立ち上がる(息を吸いながら)

 

f:id:hamubee:20190428231727j:image

2-3.スクワット動作時のポイント

スクワットをする上でのポイントはこんな感じです。

  • 膝を曲げるのではなく、お尻を下に落とすイメージ

  • 立ち上がり時は膝を伸ばし切らない

  • 膝が体の前に出ないようにする

  • お尻と突き出すようにしゃがむ

上記の通りなのですが、特に意識するのは、お尻を突き出すことを意識してしゃがむといいと思います。

3.豆知識

スクワットを張り切ってやりすぎると、翌日筋肉痛でまともに歩けないほどの筋肉痛が襲ってきます。

 

もちろんバーベルを担いでやった場合ですので、何も担がずにスクワットする程度であれば、全然歩けます(笑)

4.次回トレーニング内容

 次回4話はストレッチについての話です。 

www.hamubee.com

次回はジムから少し離れまして、ストレッチとなります。ジムでよく見る光景が実は間違いだと気づかされました。