ボテ腹ボルダーの日常

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

二の腕!自宅でできる簡単エクササイズ「ダンベル何キロ持てる?」8話感想

スポンサーリンク

こんにちは。ナギャオです。

 

今回は筋トレを題材にした漫画「ダンベル何キロ持てる?」の第8話について紹介していきたいと思います。

今回のテーマはダンベルカールになります。

 

二の腕にある上腕二頭筋という筋肉です。

男らしい力こぶを手に入れたい人にお勧めのトレーニングになります。 

1.ダンベル何キロ持てる?第8話ストーリ&感想

最近体重が増えてしまったと嘆く、立花先生。(ひびきちゃんの学校の先生)

脱ぐとやばいらしいのだが…。同僚には「見せる相手なんていないでしょ」と厳しい一言を言われております。

 

そんな同僚にシルバーマンジムのチラシをもらって、ジムに体験に行くことに…。

知り合いには会いたくないと言っていたのに、いきなり更衣室で、ひびきちゃん一向に遭遇しちゃいましたね(^^)/どんどんひびきちゃんワールドに引き込まれていきますよ(笑)

 

いきなり生徒と遭遇して、やる気をなくした立花先生…。体験だけして帰ろうとするが、街雄トレーナーに出会うやいなや、入会を決意します。

早っ( ゚Д゚) 結局さわやかイケメンに弱い登場人物…。朱美ちゃんだけは、若干入会理由が違うけど(;´∀`)

 

そんな立花先生の初めてのトレーニングは…。ダンベルカールでした。

それにしても、ひびきちゃん…。喧嘩を売るのがうまいです。「年を取ってけがの回復が遅くなった」なんて、29歳の先生に言ったら、そりゃ切れますわ(笑)

 

立花先生が、ダンベルカールを行っている最中、朱美ちゃんが気が付いてしまいました…。「おなかが見えてますよ。変わった日焼けをしてますね?

き、気づかれてはいけない部分を気づかれてしま志ましたね…。先生('ω')ノ

 

怪しい趣味だと決めつけるひびきちゃんに、街雄トレーナーは「趣味は人それぞれだよ。立花先生がどんなハードコアな趣味を持っていようが、自由でいいじゃないか」と納得させます。

いやぁ~…。トレーナーよ、勘違いに勘違いで説得しようとするなんて、立花先生を追い込んでるだけですよ(*‘∀‘) なんて、天然なんだろう。

 

まあ、絶対ばれたくないですよね…。コスプレが趣味なんて…。( `ー´)ノ

 

f:id:hamubee:20190310193446j:image

2.ダンベルカールについて

上腕二頭筋を鍛えるトレーニングになります。いわゆる力こぶの部分になります。

 

f:id:hamubee:20190502224050j:image

 

 

太い二の腕や、引き締まった細マッチョを目指すのには、必須の部位になります。

2-1.ダンベルカールのやり方

ダンベルカールの基本的なやり方はこんな感じです。

 

  1. 肘を曲げ、ダンベルを持ち上げる

  2. トップまで持ち上げたら、ダンベルを下す

 

1.肘を曲げ、ダンベルを持ち上げる

f:id:hamubee:20190502230757j:image

2.トップまで持ち上げたら、ダンベルを下す

f:id:hamubee:20190502230810j:image

2-2.ダンベルカールの注意点

ダンベルカールを行う上での注意点を書きます。

 

  • 上げるときに、肘が前後に揺れないようにする

  • 下すときに、肘を伸ばし切らないようにする

  • 上げるときに回転を加えると

  • 上げるときに上半身の反動を使って上げないようにする

 

・上げるときに回転を加える

普通に行うより、回転を加えたほうが効果的に鍛えることができます。

 

けがの防止にもつながります。

 

f:id:hamubee:20190502230825j:image

・上げるときに上半身の反動を使って上げないようにする

チーティング(反動)といいます。

 

特に重たい重量のダンベルを無理に上げようとした場合、上半身の反動を使って上げようとしてしまいます。

 

反動を使うと、上腕二頭筋への刺激(効果)は半減してしまいますので、効果が薄れます。

 

チーティングを防ぐお勧めのやり方は、壁に背中をつけて行うことです。

 

これによりチーティングを防ぐことができますので、上腕二頭筋だけに刺激(効果)を与えることができます。

2-3.ダンベルカールの適正重量

ダンベルカールを行う際の適正重量についてです。一般的な平均重量はこんな感じです。

 

  • 男性 10~15Kg

  • 女性 5~7Kg

 

ただし、無理をして重たい重量を上げようとした場合、先ほど紹介しました、チーティング(反動)を起こす可能性がありますので、軽めの負荷でやることをお勧めします。

 

個人的に行う重量はこんな感じですね。まあ筋トレ始めて1年目の30代男性の場合です。参考までに…。

  • 5Kg 10回

  • 6Kg 10回

  • 7Kg 10回

  • 8Kg 10回

  • 9Kg 10回

  • 8Kg 10回

  • 7Kg 10回

3.豆知識

「ウエイトトレーニングで重要なのは扱う重量ではなく、いかに正しいフォームで効率よく鍛えるか」です。

4.次回トレーニング内容

次回第9話はフロントプレスにについてです。

www.hamubee.com

肩周りを鍛えるためのトレーニングで、肩幅が広がりウエストが細く見える効果があるようです。