Nagyablog

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

バーピーのやり方!きついですが ダイエット効果ありです。「ダンベル何キロ持てる?」第12話感想

スポンサーリンク

こんにちは。ナギャオです。

 

今回は筋トレを題材にした漫画「ダンベル何キロ持てる?」の第12話について紹介していきたいと思います。

今回のテーマはバーピーになります。

 

全身運動なので、脂肪燃焼や心肺機能の向上をさせたい人にお勧めトレーニングとなります。 

1.ダンベル何キロ持てる?第12話ストーリ&感想

夏休みに入り出会いを求めて、海行きのバスに乗った立花先生…。バスの中で出会ったのはひびきちゃん一行でした…。

なんとこのバス、立花先生とひびきちゃんたちの4人しか乗ってない(笑)夏休みなのに(;´Д`)

 

海に到着した一向でしたが、海には誰もいませんでした。せっかく来た海水浴場はハンマーヘッドシャークの群れの出現により遊園禁止となっていた。

あっ(;´Д`)一応ニュースは流れていたみたいだけど、誰も見てなかったみたいね。それでバスには誰も乗ってなかったのね(;'∀')

 

f:id:hamubee:20190513212107j:image

 

海でナンパされる予定だったひびきちゃんと立花先生はがっかりです。それに引き換え、朱美ちゃんはトレーニングできずにがっかり…。

やっぱトレーニング目的なのね(;'∀')あやかちゃんは目的は何なのでしょうか?単純に遊びに来たような感じでしょうか。

 

しかし、朱美ちゃんはあきらめません。海の中でトレーニングできないのならと、浜辺でバーピーをやりだします。

バーピー…。普通にやってもきついのに、砂浜でやったらもっときついよ(; ・`д・´)てか普通に遊べば?

 

全員でバーピーをこなした後、あやかちゃんの提案で、全員で砂浜ダッシュをすることに…。

一応地元民には見られたわけね…。都会から筋トレをしにきた4人…。地元民に注目されてよかったね(^^♪

 

f:id:hamubee:20190513212149j:image

2.バービーについて

全身の筋肉を満遍なく鍛えることのできるトレーニングです。

 

有酸素運動にも該当するので、脂肪燃焼効果、心肺機能の向上も期待できます。

2-1.バーピーのやり方

バーピーの基本的なやり方はこんな感じになります。

 

  1. 自然体で直立する(基本姿勢)

  2. その場にしゃがみ、地面に手をつく

  3. 足を後方へ投げ出す(腕立ての体制)

  4. 素早く2の体制に戻る

  5. 1の基本姿勢に戻る

 

1.自然体で直立する(基本姿勢)


f:id:hamubee:20190513212224j:image

 

 

2.その場にしゃがみ、地面に手をつく

 

f:id:hamubee:20190513212234j:image


3.足を後方へ投げ出す(腕立ての体制

この時点で体制は腕立て伏せと同じ体制になります。

 

ここから、腕立て伏せを行う場合もあります。

f:id:hamubee:20190513212243j:image

 

4.1の基本姿勢に戻る

基本姿勢に戻るときに、ジャンプをすると下半身のトレーニングになります。

f:id:hamubee:20190513212258j:image

2-2.バーピーの効果

バーピーは動作的に非常に効率よく、全身を鍛えることができます。

 

  • 大腿四頭筋(前太もも)

  • ハムストリングス(裏太もも)

  • 大殿筋(お尻の筋肉)

  • 腹直筋(腹筋)

 

・大腿四頭筋(表太もも)

膝を伸ばす時に必要な筋肉です。歩く、走る、立ち上がる時などに使われる筋肉になります。

 

スクワットなどでも鍛えることができます。こちらの記事にて種介しておりますので、参考までに…。

www.hamubee.com

・ハムストリングス(裏太もも)

膝を曲げる動作をするのに必要な筋肉になります。歩く、走る、しゃがむなどの動作がこれに当たります。

 

ハムストリングスを鍛えるのに適したメニューはこちらで紹介しておりますので、参考までに。

www.hamubee.com

 

・大殿筋(お尻の筋肉)

お尻を覆っている筋肉になります。鍛えることによりヒップアップの効果が期待できます。

 

大殿筋は過去記事のように空気椅子をすることでも鍛えることができます。

www.hamubee.com

 

・腹直筋(腹筋)

しゃがんだ後に後方に足を伸ばす際に腹直筋に刺激が与えられます。

 

バーピーの中で一番刺激が加わるのが、この腹直筋だと思います。

 

腹直筋を鍛える種目は多々ありますが、こちらの過去記事でまとめておりますので、参考までにどうぞ…。

www.hamubee.com

 

・前鋸筋

バーピーの動作の腕立て伏せの時に刺激が行く筋肉です。

 

肩甲骨周辺の筋肉になります。肩甲骨を固定したり、腕を上げたり伸ばしたりしやすくするのに必要なきんにくになります。

 

肩こりなどの改善に期待ができます。

 

腕立て伏せの状態から、両側の肩甲骨を内側に寄せる動きを行うことにより鍛えることができます。

2-3.バーピーの注意点

バーピーを行う際の注意点をいくつか紹介しておきます。

 

  • 大きな動きを意識する

  • 姿勢を崩さないようにする

  • 一つ一つの動きを丁寧にする

 

・大きな動きを意識する

大きな動きで行うほうが、筋肉には刺激が行きます。

 

疲れてくると、動きが小さくなりがちなので、大きな動きを意識して行うことが重要です。

 

・姿勢を崩さないようにする

流れるような動きの中で、スクワットや腕立て伏せを行うことになります。

 

特に腕立て伏せを行う際に、姿勢が崩れやすくなりますので、適切なフォームを意識して行うことが重要です。

 

・一つ一つの動きを丁寧にする

様々な動きを一連の流れで行っていきますので、一つ一つの動きを丁寧にやるイメージは大事です。

 

疲れてくるとフォームが崩れやすくなりますので、注意が必要です。 

3.豆知識

継続に必要なのは楽しむこと、飽きずにやることなのでたまには環境を変えてやることもお勧めです。いつも家でトレーニングしているという人は、たまにジムに行ってみてもいいかもです。

4.次回トレーニング内容

次回第13話はレッグカールになります。

www.hamubee.com

太ももの裏側である、ハムストリングスを鍛えるためのトレーニングになります。

 

短距離走を速く走るためには鍛えたほうがいい筋肉になります。