ボテ腹ボルダーの日常

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

全身を効率よく鍛える!デッドリフト「ダンベル何キロ持てる?」第23話感想

こんにちは。ナギャオです。

 

今回は筋トレを題材にした漫画「ダンベル何キロ持てる?」の第23話について紹介していきたいと思います。

今回のテーマはデッドリフト についてです。

 

筋トレの「ビック3」と呼ばれる有名な3種目のうちの1つがこのデッドリフトになります。全身を鍛えることができる種目なため、バランスのよい体形を作りたい人にお勧めとなります。


 

目次

 

 

1.ストーリー紹介

前回(第22話)ジーナが応募しようとしたアイドルオーディションに参加する形でストーリが始まります。

 

トレーニング仲間にオーディションの話をすると、全員ノリノリでOK…。立花先生だけは乗り気じゃありませんでしたけど。一人だけ剣道の面をかぶって登場です。やはり教育者としての立場が危うくなるのでしょうか…。

 

ディレクター(出入苦多郎でいれくたろう)は普通のアイドルに飽き飽きしてました。「アイドルは普通じゃだめだ…。ぶっ飛んだのが見たい」

 

そこに登場したのが、モブマッチョに肩車されて登場した「筋肉少女隊」であるひびきちゃん一行…。

モブマッチョとはシルバーマンジムに通う、顔すら描かれないキャラ

 

ひとまずぶっ飛んだキャラとしては、つかみはOKのようですね。それぞれ特技を披露することになるのですが、スパーリング、ベンチプレスともはやアイドルを目指しているとは思えない特技です…。そしてそのレベルもかなりの高レベル。まさに「闘りに行けるアイドル」

新しいジャンルの確立です…。人気は出そうですが、目指す人は少なそう(笑)

 

とどめは、立花先生によるデッドリフトの披露です。完璧なデッドリフトに、応援に来ていた街雄トレーナも「ナイスデッド」とほめたたえます。ナイスデッドってなに???

2.デッドリフトについて

f:id:hamubee:20190324150318j:image

筋トレBig3と言われているほどの筋トレを代表するトレーニングの一つです。全身のほとんどの筋肉を鍛えることができるのですが、具体的には①背筋全体②太もも③腕を鍛えることができます。

 

基本的にはバーベルで行うのですば、ダンベルデッドリフトという種目はダンベルで行うこともできますので、自宅トレーニングとしても取り組めたりします。

 

正しいフォームを意識しないとけがをしやすい種目です。背中を丸めずに背筋を伸ばしてやることを意識出来たらいいと思います。

 

3.読んでみた感想

義理で参加したと言っていた立花先生ですが、最終的に一番目立っちゃいましたね。目立ちたくないと、剣道の面をかぶって登場すれば目立つのわかるだろうに…。最近の注目の当たり方は主人公を凌駕するほどです…。

 

そもそも「筋肉少女隊」ってアイドルとしてはどうなんでしょうか?闘りに行けるアイドル?

 

行ったら行ったで返り討ちに合いそうですし、握手会なんて開催したら、みんな手を握りつぶされちゃいそうです(笑)

KUNOICHIに呼ばれることは間違いなさそうですけどね…。

※KUNOICHIとは女性版SASUKEのことです。

 

そもそも本気でアイドルを目指していたのかは謎ですね。いや、本気だったんでしょう。自分たちの得意なことを披露した結果、結果ディレクターの求めた普通じゃないものを感じさせることができたので…。

 

ぶっ飛び過ぎた結果、「アイドルは普通でいい」と不具合になっちゃいましたけどね…。

 

KUNOICHIで活躍するシーンを見れないのは残念です…。

 

出演決まってないけど…。そもそもそんな番組はこの世界にはないけど…。

 

4.豆知識

筋トレをするうえで重要なのはフォームです。フォームが崩れるとけがをしやすくなります。

 

今回紹介しました筋トレBig3にあたる記事はこちらです。

 

www.hamubee.com

 

 

www.hamubee.com

 

 
 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村