ボテ腹ボルダーの日常

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

外でできる筋トレ!ストリートワークアウト「ダンベル何キロ持てる?」第28話感想

こんにちは。ナギャオです。

 

今回は筋トレを題材にした漫画「ダンベル何キロ持てる?」の第28話について紹介していきたいと思います。

今回のテーマはストリートワークアウトについてです。

 

今回のストリートワークアウトはトレーニングはしたいけど、ジム代が勿体ないといった方にお勧めです。

 

公園で行うトレーニングになります。

子供達から変な目で見られたりしても、気にしない精神を持ち合わせている人は、

やってみる価値があったりします。 

 

目次

 

 

1.ストーリー紹介

物語は元旦です。マスラ神社に初詣に来ていたひびきちゃん一向…。前回の話は結局予知夢だったのね。

 

屋台で買い食いをしている中、太ることが気になり食べれない…。

 

 

そんなことは全然なく、がっつり食べるひびきちゃん。

 

年末年始はジムもオヤスミです。ほかにトレーニングする場所もない中、ランニングは気分じゃないし、マスラ神社の階段トレーニングはするとして、何か他にないかと…。

 

このままじゃ冬休み中に太ってしまうと、悩むひびきちゃんにジーナが公園に行こうと提案します。

 

ジーナが教えようとしていたのは、「ストリートワークアウト」でした。

 

しかし、公園に行ってみるとそこには、鉄棒しかない…。ジーナはびっくりです。もっとこう、平行棒があったり、滑り台があったり、といっぱいの遊具を想像していたのですが…。

 

こんなんじゃ何もできないと嘆くジーナに、朱美ちゃんが差異出したのが、「筋肉で読め!部位別トレーニング辞典」です 。

 

はい。出ました。すべての筋トレ人が愛読するといわれる辞典…。こちら参照です。

www.hamubee.com

 

辞典で紹介されたトレーニングを公園で行う一向…。疲れたのでトレーニング終了と思いきや、近隣住民が集まってきたからでした…。

恥ずかしくなっちゃった(。´・ω・)?

 

トレーニングから帰る途中、「何か面白いことはないかなぁ」という筋トレしかすることのない一向の悩みを解決するのが、

 

ジーナの提案する「新春かくし芸大会」に参加することでした…。しかも生放送。

2.ストリートワークアウトについて

ストリートワークアウトとは主に戸外の公園や公共施設で行われる身体活動、トレーニングである。

発祥は古代ギリシャまで遡るが、ロシア東ヨーロッパアメリカ合衆国で人気のムーブメントとなり、現在では世界中に広がりをみせている。ストリートワークアウトを構成する主なトレーニングメニューは腕立て伏せ懸垂・マッスルアップ・ディップス腹筋運動スクワットである。

本編にもありました通り、基本的には公園の遊具を使って行うトレーニングですね。

 

手すりや柵を利用した腕立て伏せや逆立ち、鉄棒を使った懸垂などがあります。基本的には自重トレーニングがメインですね。

 

単なる自重トレーニングだけではなく、アクロバティック技やバーを使った踊り、パントマイムまでパフォーマンス目的もあり、日本を含めた世界大会なども開催されていたりします。

 

適度な遊具がない場合は、アイソメトリックストレーニングもお勧めです。こちらは公園ではなくても、自宅でもできる簡単なメニューになってます。

www.hamubee.com

3.読んでみた感想

とりあえず、マスラ神社とマッスル大明神が存在してよかったです…。ひびきちゃんの予知夢でよかった…。

 

基本的にひびきちゃんはよく食べる子です。食べ過ぎるくせに太りたくないと運動はしたいようで、健康的な女の子だと思います。かわいいです(*‘∀‘)

 

今回久々に登場しましたね…。伝説の教科書「筋肉で読め!部位別トレーニング辞典」。

 

今回この教科書を読んで新たな発見がありました。実はこの辞典には

 

 

作者「小津俊夫」の袋とじグラビアの存在…(; ・`д・´)

 

筋肉マニアたちには小津俊夫の裸体を拝めるだけで、幸せなのでしょう…。辞典にグラビアだなんて(笑)

 

謎です(笑)

 

というわけで、公園でのトレーニングはほどほどにしましょう…。近隣住民がやじ馬のごとく集まってきますので…。

4.豆知識

発想次第でいつでもどこでもトレーニングは可能である。肝心なのは「諦めない心」…。なんのこっちゃ(笑)

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村