ボテ腹ボルダーの日常

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

むくみや冷え性の改善にお勧め!「ダンベル何キロ持てる?」第31話感想

こんにちは。ナギャオです。

 

今回は筋トレを題材にした漫画「ダンベル何キロ持てる?」の第31話について紹介していきたいと思います。

今回のテーマはカーフレイズについてです。

 

ふくらはぎを鍛えるためのトレーニングになります。ふくらはぎは第二の心臓と言われてまして、冷え性やむくみで悩んでいる方にお勧めのトレーニングになります。

 

 

目次

 

 

1.ストーリー紹介

新春特番のかくし芸大会で、意外にも高視聴率をたたき出したひびきちゃん一向。そのおかげなのか、シルバーマンジムにテレビの取材がやってきます。

 

番組ディレクターは毎回恒例の「出入苦多郎(でいれくたろう)」です。出入苦多郎の戦略は

 

制服女子高生×スポーツ=高視聴率

 

制服姿の女子高生が筋トレをすれば、視聴率を稼げるという考えです。もちろんジムには制服で筋トレするよう交渉済みです。

 

しかし、なぜかスポーツウェアに着替えさせらる出入苦多郎…。

 

そうです。実は裏で企画は変更されており、貧弱ディレクターの筋トレ挑戦という感じの内容に変更されていました。

 

出入苦多郎のコンプレックスは、超貧弱なふくらはぎ…。ハーフパンツをはこうものなら、貧弱すぎて目も当てられないようです。

 

コンプレックスを打ち明けた、出入苦多郎。ふくらはぎを鍛えるために、カーフレイズを教えてもらいます。

 

当然番組の方向性は変更されていたので、ひびきちゃんたちの出演はありませんが、なぜかこの番組…全世界に配信されてしまいます。

 

そしてその番組を見た謎の男…。HOLLYWOODから日本に来日する準備を始めます。

 

「……ようやく見つけたぞ、ナルゾウ。戻るときが来たのだ。この決戦の地に……」

※街雄ナルゾウ

2.カーフレイズについて


f:id:hamubee:20190410000007j:image

 

ふくらはぎを鍛えるトレーニングになります。

 

上半身のトレーニングに比べ、おろそかにされがちの下半身のさらに軽視されがちなふくらはぎですが、美脚を目指すなら必要なトレーニングの一種です。

 

立った状態でかかとを上げ下げするだけの簡単なトレーニングなので、自宅でも比較的簡単に行えます。バーベルを肩に担いで行えば、負荷は増大します。

3.ふくらはぎを鍛えるメリット

以下の点になります。

  • 冷えやむくみの解消
  • 疲れにくくなる
  • 運動能力アップ 

簡単に見ていきましょう

・冷えやむくみの解消

ふくらはぎは第二の心臓と言われています。血液は心臓から下半身に送られた後、重力に逆らって心臓に戻ります。重力に逆らって心臓に送るためにふくらはぎの筋肉がポンプの役割をします。下半身にたまりがちな血液を全身に循環するために必要な筋肉となります。

・疲れにくくなる

先ほども出てきましたが、下半身におりてきた血液を上半身に戻すためのポンプの役割をしています。全身の血液の流れがよくなれば、栄養素を全身に運べたり、疲労物質が下半身にたまりにくくなります。

・運動能力アップ

ふくらはぎは体の重心を支える部分になりますので、スポーツ全般のパフォーマンスの向上につながります。特に瞬発力系を必要とするスポーツには必要な筋肉になります。 

4.読んでみた感想

制服女子高生×スポーツ=高視聴率だなんて…。確かに需要はありそうですね。AK〇48とかは衣装を制服っぽい感じにしているので、そのあたりを狙ってるのでしょうか…。

 

出入苦多郎は何度も街雄トレーナに会ったことあるんですよ(*‘∀‘

ジムでの再開も街雄トレーナーはパンツ一丁だし、その姿何度も目撃しているはずなのに、気のせいと思うなんて…。

 

インパクト強すぎて脳裏にこびりつきそうな気もするんですけどね(笑)

 

貧弱ディレクターのトレーニングが始まって気が付いたかもしれませんが、

 

ひびきちゃん…。あなたたち、今回は必要ありません…。

せっかく制服着たのにね…。

 

そして、貧弱ディレクターがただただ頑張るだけのコーナがなぜか、全世界に配信されました…。ただただ筋トレをしただけなのに…。超敏腕ディレクターなの?

 

テレビ出演によって全世界に存在が知れ渡った街雄トレーナー…。それを見た謎の人物により、次回展開が変わりそうです…。

5.豆知識

健康な体を手に入れる権利は誰にだってあります。自分に合わせた強度で楽しめるのも、トレーニングの魅力の一つです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村