ボテ腹ボルダーの日常

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

筋トレを早朝に行う6つのメリット!生活の変化を実感できました

筋トレを早朝に行う6つのメリット!生活の変化を実感できました

f:id:hamubee:20190602154921j:plain

筋トレを始めようと思うのだけど、夕方って仕事終わりとかで時間がないんだよね。会社行く前の早朝とかにするのってどうなんだろう?そもそも寝起きで運動したりするのって逆に危なかったりしないのだろうか?

 

この記事では、そんな悩みを解決していきたいと思っています。

 

なぜなら、僕は一時期朝に筋トレやランニングをしていた過去がありまして、トレーニングによる効果がいろいろ見られたからです。

 

この記事では、「早朝トレーニングの注意点」「早朝トレーニングのメリット」について記載しております。

 

この記事を読み終えることには、筋トレを早朝にするメリットがわかり、「むしろ早朝に筋トレしてみようかな」なんて思えるかもしれません。

1.そもそも筋トレを早朝にして大丈夫?

f:id:hamubee:20190602155214j:plain

結論から言うと、早朝に筋トレをしても大丈夫です。

 

早朝に筋トレをする際には、いくつか注意点があるのですが、それらを守れば問題はありません。

 

早朝に筋トレを行う際の注意点は4つありまして、

 

  • 十分な栄養補給
  • 十分な水分補給
  • 寝起きすぐはNG
  • 体温をしっかり上げる

 

一つずつ詳しく見てみたいと思います。

1-1.十分な栄養補給

早朝に筋トレを行う場合、十分に栄養を取る必要があります。

 

起きたときは、人にもよりますが約6~8時間は何も口にしていない状態なので、栄養が枯渇している状態だからですね。

 

この状態で筋トレを行うと、筋肉を分解しつつエネルギーに変えてしまします。

 

カタボリックといいますが、これを起こさないためには、十分に栄養を接収してから筋トレを行う必要があります。

1-2.十分な水分補給

早朝に筋トレを行う場合、十分に水分を補給する必要があります。

 

起きたときは、睡眠中の呼吸や寝汗などにより水分不足に陥っているからですね。

 

この状態で筋トレを行うと、血液もドロドロ状態なので、血圧も上がり心臓に負担がかかりますので、心筋梗塞につながる可能性もあります。

 

そういう状態にならないためには、水分をしっかり補給してから筋トレを行う必要があります。

1-3.体温をしっかり上げる

寝起きは体温が一番低い状態ですので、体温を上げる必要があります。

 

体温が低い状態で行うと、けが、心臓への負担、心拍や決合うの上昇など危険が伴います。

いきなり筋トレをするのではなく、十分にウォーミングアップを行うことで、しっかりと体温を上げてから行う必要があります。

 

ウォーミングアップについては、こちらの「筋トレ前に行うウォーミングアップの重要性!筋トレ効果を最大限に! - ボテ腹ボルダーの日常」を参照してみてください。

1-4.寝起きすぐはNG

早朝の筋トレはOKだとしても、寝起きすぐのトレーニングはやめたほうがいいですね。

 

理由は上記3つの通りでして、

 

  • エネルギー不足
  • 水分不足
  • 体が固まっている・体温が低い

 

なので、上記3つを改善できた状態であれば、危険は少ないということになります。

2.早朝に筋トレする際の食事

f:id:hamubee:20190602155416j:plain

そもそも筋トレする前にどんな状態がいいのかというと、「空腹を避ける」ということです。

 

詳しくは「筋トレ前後でサラダチキンを食べたい理由!栄養素的には前後でお勧め - ボテ腹ボルダーの日常」 2-1.筋トレ前に必要な栄養素を見ていただければと思います。

 

簡単に言うと、①空腹を避ける②糖質の摂取③BCAAの摂取になります。

2-1.おすすめの食材

空腹状態でのトレーニングは避けたいので、しっかりと炭水化物(糖質)を摂取しておきたいところです。

 

簡単に食べれるもので、お勧めとして、

 

  1. おにぎり
  2. 豆腐
  3. 納豆
  4. ゆで卵
  5. バナナ

 

あたりが簡単に食べることができてお勧めだと思います。

 

ちなみに個人的には、起床後にご飯とゆで卵を食べて、お腹を満たしつつ糖質とBCAAを摂取します。

 

運動前は消化吸収がいいもので、バナナを食べたりします。

3.早朝筋トレ時のお勧めトレーニング

f:id:hamubee:20190602155615j:plain

結論から言いますと、特にお勧めできるトレーニングというものはありません。

 

鍛えたい部位によってトレーニング内容は変わってくるからですね。

 

個人的には、夕方にやろうが早朝にやろうが、筋肉の成長的にはどちらも大きな違いは感じませんでしたので、好きなようにやればいいのではないかと思ってます。

 

上記の注意点を守れば、特に気にすることはないと思います。

4.筋トレを早朝に行うことによる6つのメリット

f:id:hamubee:20190602155828j:plain

筋トレを早朝に行うことによるメリットを6つ紹介します。

 

夕方と早朝それぞれで、筋トレを試してきたのですが、筋肉の成長にとっては、どっちがいいのか?ということは正直わかりません。

 

しかし、筋トレを早朝に行うことで、確実に生活面でメリットを感じたので、紹介して行きます。

 

  1. 仕事に好影響を与える
  2. 筋トレが習慣化しやすい
  3. 代謝が活発になる
  4. エネルギーをもたらす
  5. 心をスッキリさせる
  6. 睡眠を改善できる

 

一つずつ掘り下げてみたいと思います。

4-1.仕事に好影響を与える

筋トレを早朝にすることにより、仕事中にいい影響を与えます。

 

筋トレをすることにより、血流がよくなります。当然脳への血流もよくなります、酸素がたっぷりと脳に供給されるので、脳の活性化が期待できます。

 

これにより感じたメリットとして、「頭の中が整理される」「注意力・集中力が増す」といったことを実感しました。

 

寝起きで仕事するのと違い、脳も体も目覚めた状態で仕事に入ることができるので、仕事のスタートからいいパフォーマンスが発揮できるといえます。

 

個人的に午前中からスッキリした状態で仕事をすることができてました。

4-2.筋トレを習慣化しやすい

筋トレを早朝に行うほうが、継続しやすと思います。

 

仕事終わりに行く場合は、仕事の都合により筋トレに行けない場合もありますが、早朝は仕事の都合関係なくできるのが大きいです。

 

個人的には優先事項を朝に持っていくほうが、継続させやすいです。今はブログは朝に書いております。

4-3.代謝が活発になる

筋トレを行うと代謝が活発になるのですが、早朝に行うことにより、活発になった代謝が日中続くことになります。

 

これにより健康的に痩せやすい状態が作れるようになります。

4-4.エネルギーが持続する

筋トレを早朝にすることにより、エンドルフィンと言われるホルモンが分泌され、気分を高揚させて活力を与えてくれます。

 

そのエネルギーは一日中持続するため、早朝筋トレは一日元気に過ごすことにつながります。

4-5.心をスッキリさせる

心や気分をスッキリさせてくれる効果が期待できます。

 

セロトニンという成分が影響するのですが、減少すると「不安感」「イライラ」しがちになります。

 

早起きをして日光を浴びるだけでもセロトニンは分泌されるのですが、筋トレをすることによりさらに促進されますので、1日を気分よく過ごすことができるようになります。

4-6.睡眠を改善できる

睡眠の質を向上させることができます。

 

そもそもですが、早起きをして朝日を浴びることによりさわやかな一日を過ごすことができるようになります。

 

「セロトニン」という成分のおかげなのですが、筋トレを行うことにより、このセロトニンの分泌が促進されるので、結果的に早起きする+αで睡眠の質向上につながります。

5.まとめ

f:id:hamubee:20190602160218j:plain

最後に記事の内容をもう一度確認してみましょう。

 

★早朝に筋トレをしても特に問題はないけど、注意点が4つあります。

 

  1. 十分に栄養補給をすること
  2. 十分な水分補給をすること
  3. 体温をしっかり上げること
  4. 寝起きすぐは実施しないこと

 

★早朝に筋トレする際の食事

 

  1. おにぎり
  2. 豆腐
  3. 納豆
  4. ゆで卵
  5. バナナ

 

★筋トレを早朝に行うメリットは6つ

 

  1. 仕事に好影響を与える
  2. 筋トレを習慣化しやすい
  3. 代謝が活発になる
  4. エネルギーが持続する
  5. 心をスッキリさせる
  6. 睡眠を改善できる

 

上記でさらっと触れましたが、夕方にしろ早朝にしろ、筋肉の成長という観点からは、違いは特に感じれませんでした。

 

しかし、生活面でのメリットがしっかりと感じれたので、やはり筋トレを早朝に行うことは、お勧めです。

 

では今回はこんな感じで終わりたいと思います。