ボテ腹ボルダーの日常

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

スポーツドリンクの飲みすぎに注意!確実に太ります。

スポンサーリンク

スポーツドリンクの飲みすぎに注意!確実に太ります。

f:id:hamubee:20190621204425p:plain

運動中や熱中症対策で、ついついスポーツドリンクをいっぱい飲んでしまうんだけど、飲みすぎは体に悪かったりするのでしょうか?

 

実は、スポーツドリンクを飲みすぎると、体に悪影響があります。

 

なぜなら、熱中症対策で会社からスポーツドリンクを毎日1本支給されて飲み続けた結果、夏場の2か月間で体のだるさが抜けなかったり、体重の増加がみられたからです。

 

この記事では、飲みすぎによる3つの影響について紹介して、場面ごとにおすすめする量を実体験をもとに紹介しています。

 

記事を読み終えると、スポーツドリンクの飲みすぎに対する影響について、理解できるのではないでしょうか?

1.スポーツドリンクを飲みすぎた際の3つの影響

f:id:hamubee:20190621204617j:plain

スポーツドリンクは糖分を含んでいるため、日常的に飲んでいると、糖分の取りすぎによる悪影響が出てくるといえます。

 

大まかには3つほどありまして、

 

  • 糖分の過剰摂取
  • 倦怠感が出てくる
  • ペットボトル症候群になる

 

詳しくは、「スポーツドリンクに多くの糖分を含む理由!日常的に飲めば確実に太ります - ボテ腹ボルダーの日常」にて紹介しておりますので、参考にしてみてください。

2.水分補給時のおすすめ量

f:id:hamubee:20190621205003j:plain

水分補給する場面によって違いがあります。

 

  • スポーツ時の水分補給
  • 熱中症予防時の水分補給

 

ではそれぞれ、どのくらいの量飲むのがいいのか見ていきましょう。

2-1.スポーツする際のおすすめの量

スポーツ時は1リットルは飲んでも問題ないと思います。

 

スポーツ時はエネルギーとして糖質を消費するので、多めに糖質をとる必要があるからです。

 

個人的には高校時代の部活で野球をやっていたときは、ほぼ毎日「アクエリアス」を1リットル飲んでいましたが、特に悪影響はありませんでした。

 

基本的には以下の2パターンの感じでして、

 

パターン①

  • アクエリアス:1リットル
  • 麦茶:1リットル

 

パターン②

  • 麦茶:2リットル

 

麦茶の日でも、特にエネルギー切れで動けなくなるといったことはありませんでした。

2-2.熱中症対策に対するおすすめの量

基本的には飲まなくてもいいかと思います。

 

激しい運動をしているわけではないので、糖質の過剰摂取につながります。

 

仕事中に熱中症対策で、「アクエリアス」500mlを毎日飲んでいましたところ、下記の感じでした。

 

  • 毎日だるさが取れない
  • 2か月で体重5Kg増加

 

完全に糖質の過剰摂取による影響が出てますね。

 

翌年からは、アクエリアスから麦茶と塩飴に変更しましたが、特に何の症状もありませんでした。

3.まとめ

f:id:hamubee:20190621205320p:plain

いかがでしたでしょうか?

 

スポーツドリンクは運動時などに大量に汗が出た際の水分補給と、エネルギーとして使用した糖質補給を目的としております。

 

激しい運動をしないのであれば、飲まなくてもいいのですが、どうしても飲まれるという場合は、糖分濃度の低い飲料がいいと思います。

 

比較的糖分濃度の低い飲料としては、「運動中に飲みたいスポーツドリンク「ハイポトニック飲料」11選 - ボテ腹ボルダーの日常」にて紹介していますので、参考にしてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。