Nagyablog

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

適応障害の治し方!本質は「環境を変える」これだけです。

スポンサーリンク

適応障害の治し方!本質は「環境を変える」これだけです。

f:id:hamubee:20190713063555j:plain

最近仕事のことを考えると、憂鬱になったり夜眠れなくなったりします。仕事に行こうとしても、なかなか行けなくてやっとの思いで何とかいけてるのですが…。

 

これって何かの病気だったりするのでしょうか?もしかして甘え?てかそもそもどうやったら治るのでしょうか?

 

もし特定の場面で症状が出るのであれば、適応障害という精神的な病気の可能性があったりします。

 

もし適応障害であれば、この記事を見ていただけると、根本的解決に向けてどのようにすればいいのかがわかります。

 

なぜなら、僕も適応障害と診断されてから休職した後、今では普通に働くるようになっているからです。

 

この記事では、「適応障害を根本的に治すためにすること」を書いております。結論から言うと、環境を変える必要があります。

 

この記事を読み終えると、適応障害に対してどのようにしたら、根本的に治るのかが理解できると思います。

1.まずは病院に行きましょう

f:id:hamubee:20190713064011j:plain

まずは病院に行きましょうという話です。

 

なぜなら、今現在自分がどういう状態にあるのかを客観的に判断してもらうことができるからです。

 

僕も冒頭で記載したような感じで悩んでいました。産業医の先生に言われるまで、病院に行こうなんて考えていなかったんですね。

 

いやいや、そんなの甘えでしょ?と思われる方も中にはいると思います。だけど、もし甘えじゃないとしたらどうしましょう…。

 

病院に行かずにほっておくと、長期化する可能性も秘めているので、早めに対処していく必要があるわけです。

 

なので、まずは病院に行って、病気なのかを判断してもらうことが必要なわけです。

2.薬を飲んでも根本的には治らない話

f:id:hamubee:20190713064320j:plain

病院に行くと、なんかしらの薬を処方されると思いますが、その薬を飲んでも根本的に治ることはありません。

 

※適応障害の場合の話です…。

 

処方された薬の目的は、今現在起きている症状を和らげるためのものだからです。

 

例えば、僕が処方された薬は下記の二つでして、

 

・睡眠導入剤

仕事のことを考えると、夜眠れないという症状

 

・精神安定剤

精神が安定していないがために、さまざまな症状をきたす

 

この薬を飲んでいても、少しだけ行動が普通になるくらいで、当然飲まなければ、次第に症状が現れます。

 

なので、処方された薬を飲んだからといって、適応障害が完治するわけではないということです。

3.根本的に治すなら環境を変えないとダメな話

f:id:hamubee:20190713064515j:plain

適応障害を根本的に治すためには、環境を変える必要があります。というか、環境を変えない限り治りません。

 

上記内容については、「適応障害で休職したけど、異動によって以前のように働けた話! - ボテ腹ボルダーの日常」にて紹介しておりますので、参考にしてみてください。

 

簡単に言いますと、僕の適応障害が完治した理由は異動による環境の変化だということです。

4.まとめ

f:id:hamubee:20190713064941j:plain

最後に記事をまとめていきます。

 

適応障害を根本的に治すためには、環境を変える必要があります。 しかし、会社にも都合があるでしょうから、ほいほいと転勤させてくれるとは限りません。

 

その間は、症状が出るといっていいでしょう…。その期間は、ぜひ通院と薬により症状を和らげていくしかないと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

今回はこんな感じで終わろうと思います。