Nagyablog

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

適応障害を職場で相談する3つのメリット!信頼できるなら相談しよう

スポンサーリンク

適応障害を職場で相談する3つのメリット!信頼できるなら相談しよう

f:id:hamubee:20190813210612j:plain

適応障害と診断されたのですが、職場の人に知られたくなかったりします。相談するべきなのでしょうか?

 

実は、この記事で紹介しているように、相談する人は選ぶ必要があります。

 

なぜなら、僕は下記の通り相談しました。

 

  • 直属の上司
  • 他部署の同僚
 
上記の通りでして、仕事中にめちゃくちゃ助けていただきました。
 
この記事では、下記について書いております。

 

  • 上司に相談する3つのメリット
 
この記事を読み終えると、適応障害について相談するメリットもあるということがわかると思います。

1.職場の同僚や上司に相談する3つのメリット

f:id:hamubee:20190813210734j:plain

直属の同僚や、上司に相談するメリットは、下記の通り3つほどあります。

 

  1. 仕事の配分を考えてくれる
  2. 突然の休みを理解してくれる
  3. 仕事中に気にかけてくれる

 

上記の通り、3つほどメリットがあります。

 

ちなみに僕の場合は、すぐに相談したわけではなくて、結構悩みました。悩んだ理由としては、下記の通りでして、

 

  • いいようにしてくれるか判断していた
  • 人間性を見極めていた

 

上記を見極めつつ、相談してOKそうならメリットもあるので、相談しておきましょう。

 

3つのメリットについて、詳しく解説していきます。

①仕事の配分を考えてくれる

相談することのメリットとして、仕事の配分を考えてくれる可能性があります。 
 
適応障害の症状として、「適応障害は午前中が割としんどい話。午前中をうまく乗り切ろう! - Nagyablog」でも紹介しているように、比較的午前中がしんどかったりします。 
 
僕の場合は、午前中は仕事がほとんど進まなかったりするのを相談したのですが、そもそもの業務量を調整してもらいました。
 
午前中は仕事になっていないので、残業するということが結構多かったのですが、業務量を調整してもらったおかげで、残業時間は大幅に減りました。 
 
忙しい時期などは、少し厳しかった利しますが、相談するメリットの一つです。

②突然休んでも理解してくれる

相談することのメリットとして、突然休んだりした場合のフォローをしてくれます。 
 
適応障害の場合、朝起きれたとしても仕事に行けないということが出てきたりします。 
 
僕の場合も、朝起きるけど会社に行かないという、休みがちな時期がありました。 
 
その時は、ずる休みみたいで罪悪感を感じたりするのですが、上司に相談していることによって、罪悪感がなくなり安心して休むことができました。 
 
適応障害について理解してもらうことにより、上司の感情としては、下記のように変わります。 
 
  • 最近休みが多いよね
 
上記のように言われていたのですが、相談することにより、下記の感じで変化します。

  • 会社に行きたくても行けないよね
  • 休んだことは気にしなくてOK
 
上記の感じです。安心できませんか?

③仕事中に気にかけてくれる

相談することのメリットとして、仕事中に気にかけてくれるようになります。 
 
適応障害というのは、そもそも見た目だとわからないので、仕事をする上では、知っておいてもらう必要があります。
 
「」
 
 僕の場合は、午前中は様子がおかしかったのか、いつも以上に声をかけてもらってました。※当時は全然気が付いていませんでしたが、第三者から聞かされて判明しました。
 
心配されてたんですね。 信頼できるのであれば、相談するメリットの一つです。

2.適応障害と聞いてどう思うかは人それぞれ

f:id:hamubee:20190813213650j:plain
これまで、相談するメリットについて書いてきましたが、だれかれ構わずに相談すればいいという話ではなかったりします。 
 
適応障害なんだよね…。と聞いて一般的には下記の通り分かれます。
 
  • 馬鹿にする人
  • 心配する人
 
極端に言ってしまえば、上記のパターンに分別されます。
 
 ①馬鹿にする人
普通に考えると、下記の感じですかね。 
 
  • 甘えじゃないの?
  • これくらいの仕事で何言ってんの?
 
上記の感じですが、適応障害と診断された時の僕の感情です。
 
当然このような人には相談してはいけません。相談すべきは、「心配する人」になります。

3.相談すべき人は見極める必要あり

見出しの通りでして、相談すべき人は見極める必要があります。
 
相談すべき人は、上記の通りある程度心配してくれる人です。
 
僕の場合は、少しだけ接点のあった、総務系のお姉さんに相談していたのですが、仕事以外にいろいろと気にかけてくれました。
 
それ以外の人には特に話をしていないですし、転勤した今の職場でも特に話しているわけでもありません。

4.まとめ

最後に記事の内容をまとめます。

 

直属の上司や同僚に相談するメリットは、下記の通り3つほどあります。

 

  1. 仕事の配分を考えてくれる
  2. 突然の休みを理解してくれる
  3. 仕事中に気にかけてくれる

 

上記の通りでして、割と救われました。

 

ただし、自分にとって話してプラスになるか判断してから出遅くはないと思います。

 

僕の場合は、結果的に相談しましてメリットとして感じましたが、そもそも相談するつもりはありませんでした。

 

正直あんまり信頼できる上司ではなかったので…。

 

でも話してみると、親身になってくれたのは事実です。

 

今回はこんな感じで終わろうと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。