Nagyablog

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

適応障害で会社を辞めたい!辞める前に考えるべき大切なこと

スポンサーリンク

適応障害で会社を辞めたい!辞める前に考えるべき大切なこと

f:id:hamubee:20190825211824j:plain

適応障害になって思うように働けなくなってしまったので、退職しようか悩んでいたりします。本当に辞めてもいいのでしょうか?

 

実は、会社を辞めるのはOKなのですが、会社を辞める前に考えるべきことが3つほどあります。それらを考えたうえで辞める決断をしたのであれば、やめてもいいと思います。

 

なぜなら僕も、適応障害で休職するときに辞めたいと考えていたのですが、すぐに辞めなかったことに後悔はないからです。

 

この記事では、適応障害になって仕事を辞めたいと悩んでいる方へ、辞める前に考えることや、辞める流れについて書いております。

 

不安を残したまま、転職活動を行わないように、少しだけお付き合いください。

1.適応障害で仕事を辞める前に考えるべきこと

f:id:hamubee:20190825212203j:plain

適応障害で仕事を辞める前に考えることが3つほどあります。

 

下記で説明する3つのことをおろそかにしていると、転職先でも適応障害になる可能性があるからです。

 

仕事を辞めるまに考えるべき3つのことは、下記の通りでして、

 

  • 適応障害になった原因は?
  • 適応障害の症状は治まったか?
  • 転勤などで環境を変えれないか?

 

上記の通りでして、適応障害を再発させないために、重要なことなので、以下で解説していきます。

1-1.適応障害になった原因はわかりましたか?

適応障害になった原因はわかっているでしょうか?

 

適応障害になってしまった原因がわかっていないと、転職先でも同じような環境になった場合に、適応障害を再発する可能性があるからです。

 

仕事において、適応障害になる原因って大体が下記の通りでして、

 

  • 人間関係
  • 仕事の内容

 

上記の通りで、僕は職場の先輩からのパワハラが原因でしたので人間関係によるものでした。

 

僕の場合は復職と同時に転勤させてもらうことにより、環境を変えることに成功しました。

1-2.適応障害の症状は出ていませんか?

適応障害の症状は改善されましたか?

 

適応障害の症状が出ている状況では、思い切った転職活動ができない可能性があります。

 

  • 朝起きれない
  • 夜眠れない
  • 何もやる気が起きない

 

上記は適応障害の一般的な症状でして、僕も出ていたました。症状が出ている状況では、満足いく転職活動ができない可能性が高いです。

 

今の環境から早く抜け出したい」などといった感じで、妥協してしまう可能性だってあります。

 

なので、適応障害の症状が改善されてから、転職活動をすることをお勧めします。

1-3.転勤など職場の環境を変えることはできませんか?

転勤させてもらうなど、会社内で環境を変えてもらうことはできないでしょうか?

 

適応障害は環境を変えると治る可能性があります。というより、環境を変えない限り治る可能性はありません。

 

会社内で環境を変えることができるのであれば、それがBESTです。

 

僕の場合は、復職と同時に転勤させもらうことによりスムースに復職することができました。

 

転職するのもOKですが、転職活動自体もストレスになる場合があるので、やめないで済むなら異動させてもらいましょう

2.適応障害で会社を辞めるまでの手順(おすすめ)

f:id:hamubee:20190825212422j:plain

会社を辞めるまでの手順を紹介します。

 

個人的におすすめの順序は以下の通りでして

 

  1. 休職する
  2. 異動させてもらう(環境を変える)
  3. 退職する

 

上記の通りでして、大事なのは精神と体力を回復することが必要になります。

2-1.まずは休職して回復しよう

まずは休職することにより、体力と精神力を回復することです。

 

回復しないまま、次の行動(転職活動)を起こしたところで、消耗が激しいだけだからです。

 

まともに転職活動できないと思っていいと思います。

 

なので、まずは最低三か月ほど休職しましょう。

 

休職期間については、こちらの「適応障害で休職するなら期間は最低3か月です。実体験をもとに紹介! - Nagyablog」にて紹介しております。

2-2.転勤して環境を変えよう

可能であれば、異動させてもらうなり社内で環境を変えてもらいましょう。

 

転職活動って少なからず、ストレスを伴います。今の職場を辞めないのであれば、それに越したことはありません。

 

僕の場合、会社を辞めたいと思ってはいてけれど、転勤させてもらえるということでしたので、会社に残りました。

 

なので、社内で環境を変えてもらえれるのであれば、変えてもらいましょう。

 

2-3.思い切って転職しましょう

様々な理由により、環境を変えることができないのであれば、転職してしまいましょう。

 

  • 引っ越しをしたくない
  • 会社が対応してくれない

 

上記は一例ですが、個人的な理由から会社側の理由までいろいろあって、環境を変えることができない可能性があります。

 

会社を辞めないと環境を変えれないのであれば、転職する必要がありますので、自ら環境を変えましょう。

3.まとめ 

f:id:hamubee:20190825212648j:plain

最後に記事の内容をまとめます。

 

適応障害で仕事を辞める前に、考える必要があることは下記の通りでして、

 

  • 適応障害になった原因
  • 適応障害の症状の有無
  • 転勤など会社内で環境を変えることができるか 

 

上記3点について考えておく必要があります。

 

適応障害で会社を辞める時の手順で、おすすめは

 

  • 休職して回復する
  • 会社内で環境を変える
  • ダメなら転職する

 

上記の流れです。ちなみに僕の場合、休職⇒転勤⇒復職の流れできましたが、現在転職活動中です。

 

今回はこんな感じで終わろうと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。