Nagyablog

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

肩の筋肉をつけて見た目アップ「ダンベル何キロ持てる」第70話感想

スポンサーリンク

こんにちは。ナギャオです。

 

今回は筋トレを題材にした漫画「ダンベル何キロ持てる?」の第70話について紹介していきたいと思います。 

今回のテーマはサイドレイズについてです。

 

肩の筋肉である三角筋(中部)を鍛えることができます。三角筋は前・中・後と全体を鍛えることで、見た目のいいメリハリのある筋肉になるので、おろそかにできないトレーニングになります。

1.ダンベル何キロ持てる?第70話ストーリ&感想 

初雪の降った12月初旬…。シルバーマンジムでは、立花先生が気合を入れて筋トレに励んでいました。

初雪に故郷のモスクワを思い出すジーナ…。

 

街雄トレーナーがいないことに気が付いた一向…。豊田忠勝(幽霊)に理由を聞かされます。

いきなり背後に首だけ出てきたら、そりゃ顔面にめり込むさ( ゚Д゚)そして未だ幽霊であることに気づいていない朱美ちゃん(^^♪

f:id:hamubee:20190914104415j:plain

 

出張に出た街雄トレーナーの留守を預かった、ジェイソン・スゲエサム…。

 

立花先生は、ジェイソンに肩のトレーニングを教わっていました。

 

肩のトレーニングについて知った一向…。女性で肩幅が広がるメリットを見いだせないひびきちゃん。

90年代の肩パットの入ったジャケットみたいだね(^^)/これだと確かにダサいかもだけど(笑)

f:id:hamubee:20190914104443j:plain

20代最後の冬…。買ったばかりのコートが映えるボディラインを作るために、絶賛肩トレ中の立花先生。

目的はやはり”いい男との出会い”20代最後だから張り切ってる感じですな( `ー´)ノ

 

そしていよいよ、来週は修学旅行です。場所は京都…。京都で待ち受けるものとは???

いや(-ω-)/なんかライバル的な何かが待ち受けているのですが…。何(・・?筋肉レベルの西高東低って(笑)西のほうがレベルが高いってことかな(^^♪

f:id:hamubee:20190914104503j:plain

果たして、ひびきちゃんはどれだけ太って帰還するのか???

いや、すでに出発駅で1ダースの駅弁を間食中だし(笑)こりゃもう帰るころには、相当増量してる感じだね(^^♪

f:id:hamubee:20190914104520j:plain

2.サイドレイズについて

f:id:hamubee:20190914104539j:plain

サイドレイズは、肩の筋肉である三角筋を鍛えることができます。

 

三角筋は主に下記の筋肉に分かれるのですが、

 

  • 前部
  • 中部
  • 後部

 

上記の通りでして、サイドレイズは中部を鍛えることができます。

2-1.サイドレイズを行うメリット

f:id:hamubee:20190914104610j:plain

サイドレイズを行うことで、三角筋の中部を鍛えることができるのですが、メリットとしては下記です。

 

  • 見た目がよくなる

 

上記の通りでして、前部を鍛えると横からの見た目は良くなるのですが、中部が貧弱だと正面からのボリューム不足になります。

 

さらに細かくメリットを上げるとすると、下記の3つでして

 

  • メリハリの体系になる
  • Tシャツやスーツが似合う
  • 前中後のバランスがよくなるので、けがの予防につながる

 

上記の通り、見た目だけでなくて筋肉のバランスを整えることにより、けがの予防につながります。バランスがいいということは大切なことです。

2-2.サイドレイズのやり方

f:id:hamubee:20190914104720j:plain

サイドレイズを行う際の基本姿勢は下記の感じでして、

 

  • 肩幅に足を開いて立つ
  • 肘は伸ばし切らずに、少し曲げておく

 

脚の開きすぎはNGです。脱力しておくことがポイントになるかと思います。

 

f:id:hamubee:20190914104736j:plain

サイドレイズを行う際の基本動作は下記の感じでして、

 

  • 腕を両サイドに上げていく
  • 上げた腕をゆっくり下していく

 

上記の通り、腕をサイドに上げてはおろしてという動作を繰り返します。

2-3.サイドレイズのポイント

f:id:hamubee:20190914104939j:plain

サイドレイズを行う際のポイントは、下記の感じでして、

 

  • 腕を上げた時の拳は下向き
  • 肩はすくめず、肘の角度は変えない
  • 腕を下した時は完全に脱力しない

 

上記の通り、筋肉への負荷のかかり方が変わりますので、肘の角度は固定したほうがいいです。

 

完全脱力状態にすると、チーティング(反動)を利用できてしまうので、腕は下し切らないほうがいいです。

3.その他トレーニング

三角筋は主に下記の筋肉に分かれます。

 

  • 前部
  • 中部
  • 後部

 

前部については、ショルダープレスにて鍛えることができます。ショルダープレスについては、「69話貼り付け」にて紹介しておりますので、良ければ参考にどうぞ…。

 

後部については、リアレイズにて鍛えることができます

4.次回トレーニング

次回第71話はボルダリングについてです。

www.hamubee.com

クライミングの一種で、ほぼ全身の筋肉をバランスよく使って、壁を上っていくスポーツです。