Nagyablog

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

雨の日にスニーカー!レインシューズカバーが安くておすすめです。

スポンサーリンク

雨の日にスニーカー!レインシューズカバーが安くておすすめです。

f:id:hamubee:20191023202921j:plain
雨の日に外出すると、靴の中までびしょびしょになって嫌なんだよね。やっぱり長靴をはくとか、雨専用にスニーカーを買ったほうがいいのだろうか?

 

実は雨の日に外出しても、靴を塗らなさい方法は何通りかあります。その中でもレインシューズカバーというものがおすすめだったりするので、紹介してみようと思います。

 

 

なぜなら僕はお小遣い制だったりして、高い防水用のスニーカーをなかなかな購入することができません。

 

レインシューズカバーであれば、比較的安かったりするので、手に入れやすかったりするんですよね。

 

この記事では、下記について書いております。

 

  • 靴の防水方法の比較
  • レインシューズカバーのメリット・デメリット

 

記事を読み終えると、レインシューズカバーの魅力が伝わるかもなので、少しだけお付き合いください。

1.雨の日の外出!4通りの防水方法

f:id:hamubee:20191023203332j:plain

雨の日に外出するときの足元の防水方法って、下記の4通りです。

 

  • 防水スニーカーを履く
  • 普通のスニーカーに防水スプレーを塗布する
  • レインシューズ(長靴等)を履く
  • レインシューズカバーを履く

 

上記の感じですかね。個人的におすすめは「レインシューズカバー」ですので、下記で比較していきますね。

2.防水対策の比較【おすすめはレインシューズカバー】

f:id:hamubee:20191023203638j:plain

上記で上げました4通りの防水対策について、比較していきます。

 

種別 値段 重量 普段履き
防水スニーカー 高い(✖) 重い(登山用等) おしゃれな商品もあり(〇)
防水スプレー 安い(〇)
レインシューズ(長靴等) 安い(〇) 軽い(〇) 服装合わせずらい(✖)
レインシューズカバー 安い(〇) 軽い(〇) 外せばOK(〇)

 
ざっくりと比較すると、上記の感じですかね。

2-1.防水スニーカー

防水スニーカーについては、最近割とおしゃれな商品が登場してきましたので、いろいろ選択肢はあるのかなといった印象です。

 

しかし、総じて値段が高いのと、汚れ防止のため防水スプレーを塗布しといたほうがいいのがデメリットといった感じでしょうか?

 

防水スプレーって割と手間ですよ。

2-2.防水スプレー

普通のスニーカーに防水スプレーを塗布する場合は、防水スプレー自体は比較的安く手に入るのはいいのですが、塗布がめんどくさいですね。

 

きっちり防水する(汚れ防止含む)場合は、ひもを外して満遍なく塗布する必要があるので、割と手間ですよ…。

 

 

2-3.レインシューズ(長靴等)

レインシューズについては、防水スプレーを塗布する必要がなく、値段も比較的安く手に入るのですが、あまりおしゃれなものがないというのが現実ですね。

 

外出先では、履き替えようの靴を用意していたりしないと、服装に合わせるのがむつかしいですよね。

 

 

2-4.レインシューズカバー

レインシューズカバーについては普通のスニーカーの上から履くだけです。上記3通りの方法のデメリットを全て解決してくれますので、おすすめですね。

3.レインシューズカバーの特徴

f:id:hamubee:20191023203811j:plain

レインシューズカバーについて紹介しておきます。

 

特徴としてはこんな感じです。

 

  • 〇サイズはMとLの2サイズ(M:22.5~25.5、L:26~29)
  • 〇コンパクトで持ち運びが楽
  • 〇素材はシリコンなので防水性がいい
  • 〇靴底に凹凸があるので、滑りにくい
  • 〇丸洗い可能なので、汚れを気にしなくてOK
  • 〇値段が1000円台と非常に安い
  • ✖つま先のとがった靴、ヒールなどは使用できない

 

上記の通りです。割とデメリットがないのがいい感じですね。 

4.レインシューズカバーを使ってみたよ

f:id:hamubee:20191023203927j:plain

レインシューズカバーを使用してみたので、感想を書いておきますね。

 

レインシューズカバー自体はこんな感じですよ。靴下みたいな感じですよね。これを靴の上から履いていきます。

f:id:hamubee:20191023151840j:plain

 

収納ケースに入れるとこんな感じになります。割とコンパクトなので、持ち運びには不便を感じませんね。

f:id:hamubee:20191023154634j:plain

 

実際に履くとこんな感じです。シリコン素材なので割と伸びますので履きやすかったりします。

f:id:hamubee:20191023154451j:plain

 

履くとこんな感じに仕上がります。

f:id:hamubee:20191023151951j:plain

f:id:hamubee:20191023155254j:plain

 

靴底には凹凸が作られているので、普通の路面で滑るという感じはありませんでした。個人的な感想としては、下記です。

 

  • 道路 : すべらない
  • マンホールの蓋 : すべらない
  • 側溝の蓋 : 割とすべる

 

上記の感じですが、側溝の蓋はどんな靴でもすべるのでそこまでのデメリットではないですね。

f:id:hamubee:20191023152017j:plain

4.まとめ

f:id:hamubee:20191023204014j:plain

個人的には通勤の際に使用しています。

 

傘を差したところで、割と足元って濡れるので重宝しています。

 

オフィス内ではカバーを外せば普通のスニーカーとして過ごせるのでとても便利ですよ。

 

値段も1000円台と割とお安めですので、ぜひ体感していただければと思います。

 

今回はこんな感じで終わろうと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。