Nagyablog

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

バイシクルクランチのやり方!腹筋に効果ありです「ダンベル何キロ持てる?」第14話感想

スポンサーリンク

こんにちは。ナギャオです。

 

今回は筋トレを題材にした漫画「ダンベル何キロ持てる?」の第14話について紹介していきたいと思います。

今回のテーマはバイシクルクランチになります。

 

腹筋を鍛えるためのトレーニングと思われがちですが、腸腰筋と言われる体幹を安定させるのに必要な筋肉になります。

 

短距離走を早く走りたい人にお勧めのトレーニングではあるのですが、お腹周りのくびれをゲットしたい人にもお勧めです。

便宜上短距離走を早く走るためと記載しておりますが、腸腰筋はすべての動作において必要な筋肉だったりします。

 

ちなみに短距離を早く走りたいという人は、前回紹介したレッグカールを合わせて行うことでより高い効果が期待できます。

www.hamubee.com

1.ダンベル何キロ持てる?第14話ストーリ&感想

運動会当日を迎えたひびきちゃん。残すは最終種目である400mリレーを残すのみ…。ひびきちゃんの所属するB組は圧倒的な最下位でした。

圧倒的最下位により、順位に関係ないから気楽にできると、安心しきってたら、最終協議は5兆点とお約束の展開になっちゃいました(; ・`д・´) 

 

最終種目400mリレー…。ひびきちゃんはよりによってアンカーを任されていました。アンカーに選ばれているメンツは陸上部だったりしますが、一番警戒すべきは朱美ちゃんです。

運動神経抜群の朱美ちゃんのおかげでA組が首位なんだって(; ・`д・´)さすが筋トレマニアだね(*‘∀‘)

 

朱美ちゃんは去年の運動会でもリレーに出場…。陸上部を抑えて首位に立ちついたあだ名は「皇桜のジョイナー」…。※皇桜女学院なので

ちょっと誰を元ネタとしているのかよくわかりません(;'∀')陸上には疎いもので…。

 

しかしひびきちゃんには秘密特訓した自信がありました。前回のハムストリングスに加えて腸腰筋を鍛えること…。ひびきちゃんはハムストリングスと腸腰筋を秘密裏に鍛えていたため、朱美ちゃんに勝つ自信があったのです。

何日やったのかなぁ(・・? リレーに選ばれてからだから1ヶ月~2週間くらいかな?そんなんで朱美ちゃんに勝てるだけの自信がつくなんて( `ー´)ノ

 

勝負はアンカーに託される…。A組(朱美ちゃん)とB組(ひびきちゃん)がほぼ同時にアンカーへのバトンパス…。その時。

ライバル通しの対決にふさわしい場面になりましたね( `ー´)ノほぼ同時にバトンパスだなんて…。でもB組はひびきちゃんを率いてるわけですからね。このまま終わるわけがないですよ(; ・`д・´)

 

バトンミスによりバトンを落としたB組…。落としたバトンを拾うひびきちゃん…。その時立花先生の笛が鳴り響きます。

バトンパスの時にひびきちゃんがバトンに触れずに落ちてしまったので、ひびきちゃんは拾ってはいけなかったみたいですね…。そんなルールがあったとは(;'∀')

 

ざっくり説明すると…。B組失格…。

てか高校の運動会なのにルール厳しすぎない(・・? そしてちゃんと審判する立花先生もちゃんと先生やってるわけですね(; ・`д・´) み、見逃してあげてよ(笑)

2.速く走るための筋肉

速く走るために鍛えるべき筋肉で、一番重要なのは腸腰筋と言われる部分です。

 

腸腰筋は上半身と下半身をつなぐ筋肉で、主に太ももを引き上げるための筋肉になります。

2-1.腸腰筋を鍛えるメリット

腸腰筋を鍛えるメリットは、何も速く走るためだけではありません。ざっくりメリットを書きますと以下の6個です。

 

  • 身体のゆがみがなくなる

  • 運動機能の向上

  • 下腹の脂肪燃焼

  • 姿勢改善

  • 足が速くなる

  • ジャンプ力アップ

 

・体のゆがみがなくなる

腸腰筋を鍛えることにより、体幹が安定するので体のゆがみがなくなる可能性があります。

 

腸腰筋は上半身と下半身を結ぶ筋肉ですので、それぞれを体幹がぶれないように支え🄬う役目を持っており、体のバランスを維持する働きがあるからです。

 

鍛えることにより、体のゆがみの解消につながります。

 

・運動機能の向上

先ほども紹介しましたが、腸腰筋を鍛えることにより体幹が安定するため、運動能力の向上につながります。

 

歩く、走る、バランスをとる動作については、腸腰筋をよく使いますので、結果が出やすいです。(体幹が安定するので、スポーツ全般に有利になります。)

・下腹の脂肪燃焼

腸腰筋が衰えることにより、下腹に脂肪がつきやすくなります。

 

腸腰筋を鍛えることにより、下腹の脂肪燃焼効果が期待できます。

・姿勢改善

上半身と下半身をつなぐ役割をしているので、鍛えることによりヒップアップの効果も期待でき、姿勢の改善にもつながります。

・足が速くなる

走るときの衝撃が骨盤に伝わる際に、骨盤が揺れてしまい、無駄な動きにつながります。

 

腸腰筋を鍛えることにより、走る際の地面からの衝撃を吸収でき、骨盤の安定を保つことができるようになりますので、早く走ることにつながります。

・ジャンプ力アップ

上半身と下半身をつなぐ筋肉であるため、下半身の宇土岐の能力アップが見込めるようんなります。

 

入る以外にもジャンプなどにも影響が出てくるといえます。

3.腸腰筋を鍛えるトレーニング

腸腰筋を鍛えるトレーニングとしては大きく、

 

  • バイシクルクランチ
  • ダッシュ
  • レッグレイズ
  • スクワット

 

などがありますが、バイシクルクランチがお勧めです。 

3-1.バイシクルクランチのやり方

 

  • 基本姿勢(仰向け)をとる
  • 頭を起こす
  • 片足を曲げる
  • 上げた足(膝)と反対の肘でタッチ

 

基本姿勢(仰向け)をとる

頭の後ろで手を組んで、仰向けに転がります。

 

・頭を起こす

頭を起こす際に、腹筋に力を入れます。

 

・片足を曲げる

片足を曲げて、顔のほうに近づけます。

 

・上げた足と反対の肘でタッチ

腰をひねるように、反対の肘で膝にタッチする。

 

3.豆知識

競技のルールはしっかりと把握しましょう…。どんなスポーツでもルールを知っているものが強いです。

4.次回トレーニング内容

次回第15話はチンニングについてです。

www.hamubee.com

背中全体を鍛えるためのトレーニングになります。大きな背中をゲットしたい人にお勧めです。