Nagyablog

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

ゼロ秒思考でテーマが思いつかない!タイトル例など考え方紹介

スポンサーリンク

ゼロ秒思考でテーマが思いつかない!タイトル例など考え方紹介

f:id:hamubee:20191201210720j:plain
ゼロ秒思考というのが、頭がよくなったり、思考が深くなったりすると聞いて、メモ書きを試しているのですが、なかなかかけなかったりします。そもそも何を書いたらいいのかよくわからないのですが。

 

実はゼロ秒思考でメモ書きをする内容って、結構簡単に見つかったりします。

 

なぜなら、書籍でも書いてある通り、書くことは「なんでもいいから」です。頭の中にあるもやもやした感情を書きだすだけなので、実は何でも書いていいというのが正解ですよ。

 

この記事では、以下のことについて書いています。

 

  • メモ書きのテーマが思いつかない理由
  • テーマが思いつかない場合の対処方法

 

記事を読み終えると、「ゼロ秒思考」におけるメモ書きを継続するためのコツがわかると思います。少しだけお付き合いください。

 

本記事で紹介する内容はこちらの「ゼロ秒思考」にて紹介されていますよ。

 

  

1.ゼロ秒思考でテーマが思いつかないのは、慣れてないだけ

f:id:hamubee:20191115212438j:plain

ゼロ秒思考でメモ書きをする上で、テーマが思いつかないのは単に慣れていないだけかもですよ。

 

物事は慣れるまでは、スムースに行うことは難しですよね。ゼロ秒思考でのメモ書きも同じです。

 

個人的には、1年間継続したわけだけど、最初は全く書けませんでした。時間をかけたくなかったのもあるけど、1日2~3枚とかでしたよ。

 

「慣れていないから」と言われますが、本当に慣れたら書けるようになるのでしょうか?というのは誰もが感じることかと思います。

 

1年間継続してみた結果、1週間くらい適当に書いていると、書けるようになってきます。

 

なので、メモ書きに慣れてくると書けるようになります。

2.慣れない間は、書籍に記載のテーマを活用しよう

f:id:hamubee:20191115221949j:plain

ゼロ秒思考のメモ書きに慣れないうちは、「ゼロ秒思考」の書籍で紹介されている一例を活用すればOKです。

 

メモ書き初心者が、テーマ選びに苦労することは最初から分かっているので、初心者向けに400例ほど紹介されているからです。

 

書籍記載の例は、分野別に下記の様な感じでして、

 

  • 心を落ち着ける
  • コミュニケーションをスムースに行う
  • やりたいことをやり遂げる
  • 成長する・仕事がもっとできるようになる

 

上記の通り、大枠として4種類に分けられ、400例ほど用意されています。

 

ルール上では、1日10テーマくらい書くのですが、書籍の参考例だけで、1か月以上継続することができるような感じです。

 

もっと言えば、書籍にて紹介されている参考例を自分の環境に当てはめて、流用していけばさらに数多くのテーマが出来上がります。

 

どんな感じで書いたらいいのか、下記で説明してきます。

2-1.書籍に紹介されたテーマの活用方法

自分の環境に合わせて、参考テーマを流用すればOKですよ。

 

書籍で紹介されている参考テーマだと、少々書きずらいので、自分に合わせて少し変化させる感じですね。下記の様な感じです。

 

「なぜ課長はあんな嫌な言い方をしたのか?」【参考例】

「なぜ〇〇先輩はあんな嫌な言い方をしたのか?」【流用】

 

上記のような感じで、自分の職場の上司や先輩、後輩、同僚と〇〇の部分を変更すれば、人数分だけテーマが出来上がりますね。

 

「誰に対していつも緊張するのか?」【参考例】

「〇〇さんと話をすると緊張するのはなぜ?」【流用】

「◆◆さんと話をすると緊張しないのはなぜ?」【流用】

 

上記のような例も、人数分書けそうですよね…。

 

なので、メモ書きに慣れないうちは、書籍にて紹介されている参考テーマを、自分の環境に合わせて変更していきましょう。

3.個人的に1年間書いたタイトル一例紹介

f:id:hamubee:20191115222315j:plain

僕が「ゼロ秒思考」を読んで、メモ書きを実践した際の、タイトルを一部紹介しますね。

 

他人が実際に書いたテーマを見ることによって、下記の様な感じになるからです。

 

  • どんなことを書いたらいいのかわかる
  • 本当に何でも書いていいんだなということがわかる

 

上記の通りです。書籍で紹介されている参考例でも十分なのですが、やっぱり実際に書いたテーマのほうが参考になると思うので…。

 

実際に書いたテーマは下記の感じです。

 

  • 筋トレが続かない理由はなんでだろう
  • 新しい仕事。何に不安を感じてる?
  • Aさんと話をするときになぜ緊張してしまうのか?
  • 日曜日の夜はなぜ憂鬱になるの?
  • それ、理由になってなくないですか?
  • なぜBさんとは仕事しにくいのか?
  • なんでコンビニのおにぎりばかり食べるのか?
  • どうしてAさんは人の悪口を辞めないのか?

 

上記の通りです。本当に一例ですが割と適当じゃないですか?

 

基本的には頭の中にあるすべての内容がテーマになりますので、なんでも書いてOKなのですよ。

4.まとめ 

f:id:hamubee:20191115222506j:plain

いかがでしたでしょうか?

 

「ゼロ秒思考」でメモ書きをするルールとしては「なんでも書いていいい」というのがあります。

 

頭の中に浮かんだものを書きだすのが目的なので、メモ書きするテーマは何でもOKです。

 

コツとしては、頭に浮かんだタイトルだけでも書き留めておくといいかもです。

 

いつでもメモ書きできる体制であればいいのですが、書けない状況にあれば、浮かんだ内容が忘れてしまう可能性があります。

 

 

今回はこんな感じで終わろうと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。