MENU

【評判悪いの?】Huluを実際に利用して感じたメリットとデメリット

Huluに入ろうか迷ってるから、メリットやデメリットを知っておきたいな…。

上記の様な疑問に答えます。記事の内容は下記の様な感じ…。

  • Huluの特徴
  • Huluのメリット
  • Huluのデメリット
  • Huluにおすすめの人・おすすめできない人

この記事を書いている僕は、割とインドア派なので暇さえあればHuluで動画を見ています。

Huluは動画本数がかなり多く、月額費用が安いのが魅力的です。。半年ほど利用してみて「ここはちょっと残念だな」といったマイナス点も感じました。

そこで今回は、Huluのメリットとデメリットを解説していこうと思います。

いろいろなVODサービスがあるので、どれが自分には合うのかな?と迷われるかもしれません。本記事を見ることで、Huluが合うのか合わないのかわかりますよ。

Huluの評判については「【徹底調査】Huluの口コミと評判を知りたい|配信予定次第で解約?」を確認してみてください。

目次

Huluの特徴

サービス名
月額料金1026円(税込み)
動画本数7万本以上
無料期間2週間
動画画質SD/HD/フルHD
同時接続6台
ダウンロード機能有り

Huluは約7万本以上の作品が見放題となる動画視聴サービスです。テレビで放送中の人気番組の見逃し配信や、音楽のライブ配信などのラインナップが幅広いです。

個人的には海外ドラマや、国内ドラマはかなり豊富だなという感じがします。国内ドラマに関しては日テレ系の作品が豊富なイメージです。

【入会しないほうがいいの?】Huluのデメリット4つ

実際に利用してみて感じたHuluのデメリットは以下の4つです。

  1. 吹き替え版がない作品がある
  2. 新作映画が少なめ
  3. アダルト作品がない
  4. 解約方法がわかりにくい

順番に解説していきます。

①吹き替え版がない作品あり

Hulu内の作品には吹き替え版(海外ドラマ、洋画、映画)がない作品が多数です。字幕で見るよって方は問題ないのですが、吹き替え版でしか観ない方は取り扱いがない可能性があります。

吹き替え版の作品があるかないかは、無料トライアル中にも確認できますので確認しておきましょう。

②新作映画が少なめ

Huluは新作映画が少ない印象です。他のVODサービスでは年度に公開された作品の取り扱いがある中、Huluでは取り扱いがありません。早くても1年前の作品だったりします。

なので、最新作をいち早く楽しみたい人にとっては、あまりお勧めできないかと。最新作を楽しみたいのであればU-NEXTがお勧めです。

【入会すべき?】U-NEXTのメリットとデメリット|欠点もあり!

③アダルト作品がない

これはHuluに限らずなのですが、アダルト作品は一切取り扱いがありません。とはいえ取り扱っているVODサービスもあります。

アダルト作品も視聴したいなって人は「U-NEXT」を活用するのがお勧めです。

【入会すべき?】U-NEXTのメリットとデメリット|欠点もあり!

④解約方法がわかりにくい

どのサイトも共通して言えることですが、解約方法が少しだけわかりにくいです。

無料トライアルを最大限に満喫しようとして、最終日に焦って解約しようとするとなかなかわかりずらいので、事前に確認しておけば意外と大丈夫です。

【写真で解説】Huluの解約手順|無料トライアルぎりぎりで焦らないように!

Huluのメリット6つ

逆に、実際に利用してみて感じたHuluのメリットは以下の6つです

  1. 作品数が豊富(海外・国内ドラマ・見逃し配信)
  2. 配信スケジュールが公開されている
  3. 支払い方法が多岐にわたる
  4. Hulu内の作品が全て視聴可能
  5. 機能面がありがたい(倍速再生・ダウンロード)
  6. 6台まで同時視聴可能

順番に解説します。

①作品数が豊富(海外・国外ドラマ・見逃し配信等)

Huluはジャンルが豊富かつ、作品数も7万本以上の取り扱いがあります。

  • 海外ドラマ
  • 国内ドラマ
  • 邦画
  • 洋画
  • アジア
  • アニメ
  • バラエティ
  • ドキュメンタリー
  • キッズ・ファミリー
  • 特集一覧
  • 見逃し・定期配信作品

などなど。

個人的には海外ドラマが充実しているなという印象なので、海外ドラマが好きな人は楽しめるかと。

国内ドラマ・TVではドラマやバラエティ、アニメの配信がとても速いです。特に日テレ系の作品が豊富な印象です。早いものだと放送終了後からは信が始まっているスピード感です。

ドラマやバラエティの見逃し配信もありますので、一時的に見逃した人などにもお勧めかと。もはや録画する必要がないので、録画装置が不要になりますね。

定期配信作品では、曜日ごとに作品が分かれているので確認しやすいですよ。

②配信スケジュールが公開されている

Hulu内の作品はhttps://news.hulu.jp/にアクセスすることで、今後の配信スケジュールを確認することができます。

  1. 新着配信スケジュール
  2. 見逃し・定期配信作品
  3. ライブTV・ライブイベント

などなど。

新着配信スケジュールは2週間先の予定まで公開されていまして、見逃し・定期配信に関しては、毎週更新かどうかがわかります。

新着動画ではなく、今後の予定がわかるのはありがたいですよね。

③支払い方法が多岐にわたる【7種類】

Huluの月額料金の支払い方法は、下記の通り7種類となっています。

  1. クレジットカード
  2. ドコモ決済
  3. auかんたん決済
  4. SoftBankまとめ支払い
  5. LINEpay
  6. Paypal
  7. huluチケット

クレジットカード以外にはスマホ決済とか、huluチケットの様なプリペイド式にも対応しています。クレジットカードを持っていない人でも、支払いが可能なのでクレジットカードを持てない人は、Huluがお勧めです。

④Hulu内の作品が全て視聴可能

Hulu内の作品は全てが月額費用内で視聴可能です。他のVODサービスに見られるような、「一部有料」コンテンツが基本的にはありません。

作品の取り扱いはあるのに、実は有料でした…。なんてことでは正直損した気分にもなります。別途料金を支払えばそれまでですが、月額料金の中で楽しみたいですよね。

Huluには基本一部有料コンテンツはありませんので、そのあたりは安心していいかと。

⑤機能面がありがたい(倍速・連続再生・本編スキップ)

Huluで動画を視聴していて地味にありがたいのが、下記の機能でした。

  • 倍速再生
  • 連続再生
  • 本編へスキップ

★倍速再生

再生速度を0.75~1.75の倍率で0.25刻みで変更することが可能です。

個人的に作品を一気に見たりする場合は、1.5倍で視聴することが多いです。最初は違和感ありましたが、慣れると普通に視聴できますし、なんといっても時短になるのでその分たくさん視聴できます。

★連続再生

連続再生をONにしていると、次のエピソードに自動で進んでくれます。ほったらかしにしておけるのは地味にありがたいです。作品を一気に見たいときは地味に便利です。

★本編へスキップ

「本編へスキップ」をクリックすると、オープニングの一番最後までスキップできるので、すぐに本編が始まります。

自分で調整する必要がないので、早く本編に進みたい人は割と便利ですね。

さらに連続再生をONにしていると、「本編へスキップ機能」も自動で働きオープニングがスキップされるので、同じ作品をまとめて視聴する場合はかなり楽です。

⑥同時視聴可能(6台)

Huluは一つのアカウントで6つほどプロフィールを作成することができます。つまり最大6人でそれぞれが動画を視聴することができます。

別々の端末でそれぞれのプロフィールを使用して、同時に動画を視聴することができるので、家族間で楽しむことができますね。パスワード設定もできるので、プライバシーも守られて安心です。

ちなみにプロフィール設定を12歳以下にすると、制限がかかります。

  • パスワードの設定ができない
  • ジャンルが「Huluキッズ」に限定される

小さい子供でも安心して動画を楽しむことができますね。

Huluをおすすめする人・おすすめしない人

実際に利用してみた感想として、Huluのメリットとデメリットを解説しました。それらを踏まえると、下記に当てはまる人はHuluがおすすめです。

  • 放送中のドラマを見逃したので、即座に見たい人
  • 海外ドラマが好きな人
  • 国内ドラマが好きな人(特に日テレ系)
  • プライバシーを確保したうえで家族利用したい人
  • 安心して子供に動画視聴させたい人(キッズプロフィール)
  • 支払い方法に縛られたくない人(クレジットカードを持てないなど)

上記のどれか1つに当てはまるなら、Huluを選んで失敗はしません。

Huluをおすすめできない人

上記とは逆で以下のような人はHuluはおすすめしません。

  • 満遍なく動画を視聴したい人
  • 安く動画サービスを利用したい人
  • 最新作の映画をいち早く楽しみたい人
  • アダルト動画を視聴したい人

上記のどれか1つでも当てはまる方は「他社のVODサービス」のほうがいいかと。

Huluはかなり優秀なVODサービスですが、合わない人もいるので注意が必要ですね。

【辛口比較】VOD6社を徹底比較!(動画視聴サービス)

Huluを無料で体験する手順

Huluに興味のある方は、まずは無料トライアルがおすすめです。

実際に体験してみないとわからないこともあります。なのでまずは無料トライアルに申し込みましょう。

無料トライアルの登録は超簡単です。選択した支払い方法によっては、情報の入力を求められますが、期間内で解約すれば1円もかかりませんので安心してください。

  • 【今すぐ無料でお試し】をクリック
  • 必要情報入力
  • 支払い情報選択

数分で完了します。

無料トライアル期間は2週間です

無料トライアル期間は、登録完了から2週間です。もしも合わないと判断できるのなら、その間に解約すればお金がかかることはありません。

なので、Huluに入会しようかどうか悩んでるのであれば、ひとまず無料トライアルに申し込んでみましょう。

Huluのメリットとデメリット|まとめ

Huluを利用して感じたデメリットは下記の通り4つほど。

  1. 吹き替え版がない作品がある
  2. 新作映画が少なめ
  3. アダルト作品がない※U-NEXTへのリンク張り
  4. 解約方法がわかりにくい

Huluを利用して感じたメリットは下記の通り6つほど。

  1. 作品数が豊富(海外・国内ドラマ・見逃し配信)
  2. 配信スケジュールが公開されている
  3. 支払い方法が多岐にわたる
  4. Hulu内の作品が全て視聴可能
  5. 機能面がありがたい(倍速再生・ダウンロード)
  6. 6台まで同時視聴可能

Huluは人気の高いVODサービスです。サービスを利用するメリットは必ずあるのですが、デメリットがあるのも事実です。

あくまで個人的に感じたメリットとデメリットを書いてみましたが、実際には体験してみないと本当に合うかはわかりません。

ありがたいことにHuluは2週間の無料トライアルを実施しています。無料期間中に解約すればお金は1円も発生しないので、まずは無料トライアルを試してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

山口県在住の30代です。基本的には実際に使ってみたり体験したことのみを記事にまとめています。記事を読んでいただいた方の参考になればうれしいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる