MENU

糖質制限中にチートデイはやるべき?継続したければやったほうがいい

現在糖質制限ダイエット中なのだけど、チートデイってしたほうがいいのだろうか?
せっかく糖質を我慢してるのに、チートデイで糖質を取ったら戻れなくなりそうで怖いんだけど…。

上記の様な疑問に答えます。本記事の内容は下記の様な感じ…。

  • 糖質制限ダイエット中にチートデイをやったほうがいい理由
  • チートデイの効果と始める時期
  • チートデイを行う際の注意点

この記事を書いている僕は、いろいろなダイエットを経験しては挫折していたのですが、 糖質制限ダイエットを実践してみたところ約7キロの減量に成功することができました。体脂肪率については約5%ほど落ちました。

ダイエットをしていると体重減少が停滞したり、モチベーションが下がったりしてダイエット自体を継続できなくなる可能性があります。

定期的にチートデイを設けることで解決できる可能性があるのですが、糖質制限ダイエット時にもチートデイを設けてもいいのか?という疑問がわきました。

そこで今回は、糖質制限ダイエット時にチートデイをやってみて気が付いた「糖質制限ダイエットにおけるチートデイの効果」について解説していきます。

結論から言うとチートデイは設定したほうがいいです。その理由と、記事の後半では糖質制限ダイエット時におけるチートデイの注意点についても解説しましたので、お付き合いください。

目次

そもそもチートデイって何(・・?

そもそもチートデイって何なの(・・?って方は、チートデイとは?失敗しないためのやり方と効果解説にて解説していますので確認してみてください。

上記の記事では一般的なカロリー制限ダイエット(脂質制限)時について書いています。糖質制限ダイエット時においては、糖質の制限をすることなく摂取していく感じなります。

糖質制限中にチートデイを実施したい理由と、感じた効果!

僕が実際にチートデイを実践した時に感じた効果としては、下記の3点ほどです。

  • 糖質を我慢した分食事がおいしく感じる
  • 次のチートデイまで糖質制限を頑張ろうと思える
  • 実際に体重が減少しだした

それぞれ詳しく解説していきます。

糖質を我慢した分、食事がおいしく感じる

普段糖質制限により我慢していた分、食事がおいしいと感じるようになりました。そもそもおいしい物って糖質をかなり含んでいたりします。

おいしいものを普段我慢していてたまに食べるのだから、おいしく感じないわけがありませんよね。ちなみに甘いものにかなり敏感になった気もします。

次のチートデイまで頑張ろう!という感じのモチベアップ

チートデイを定期的に設けることにより、糖質制限ダイエット時のモチベーションのアップにつながっていました。

糖質制限ダイエット中の食事メニューは、割と似通ったメニューとなりがちで飽きやすかったりします。

2週間頑張った先には「なんでも食べてもいいというご褒美」があるのとないのでは、ご褒美的なものがあったほうが頑張れますよね…。

個人的にはこの恩恵が一番大きかったような気がします。

停滞時期にチートデイを入れると、実際に減少しだす

停滞期に入った後でチートデイを入れると、実際に体重が「するする」っといった感じで少しずつ減少していきました。

これについてはいろいろなところで言われているし、チートデイとは?失敗しないためのやり方と効果解説にて紹介していますので説明は省きます。

糖質制限中のチートデイはいつから?体重が停滞したらでOK

基本的にチートデイは体重の減少が停滞してきたと感じたら設定すればいいと思っています。個人的に糖質制限ダイエットを開始してから、2か月経過してから定期的に入れるようにしました。

  • 緩やかな糖質制限を1か月ほど行っていたから
  • きつめの糖質制限を開始して1か月ほど経過したから

上記のような感じです。緩やかな糖質制限時期は割と順調に落ちていたので、特にチートデイを設定する必要は感じていませんでした。

きつめの糖質制限を開始してからも割と順調に落ちてはいたのですが、1か月くらいで停滞するようになったので試しに入れてみた感じです。

最初のチートデイはそんな感じでしたが、2回目以降は停滞した体重を落とすという目的よりもたまにはおいしいものを食べたいという感じで行っていました。そんな感じで2週に1度ほどチートデイを設定していました。

ゆるい糖質制限中ならチートデイはいらない!

ゆるい糖質制限を実施しているのであれば基本的にチートデイは必要ない気がします。糖質制限と言いつつそれなりに糖質の摂取量は多いので、チートデイの効果はかなり少ないように感じます。

糖質制限中のチートデイの間隔?2週間が無理なくちょうどいい

基本的に体重の減少が停滞した時に導入すればいいのですが、糖質制限ダイエットのモチベーションアップ等、ダイエット自体を継続させることが目的であれば下記の様な感じが理想かなと…。

  • 減量中:2週間に1度
  • 維持中:1週間に1度

1週間に1度って期間としては若干短いと感じるかもしれませんが、体重の維持が目的でしたらこのくらいで十分です。

糖質制限中にチートデイをしても糖質まみれにはならない!

心配事として、チートデイを設けることによりなし崩し的に糖質制限ダイエットの継続を断念してしまうのではないか?という心配もあるにはあります。

ぶっちゃけて言うと全く心配する必要はないです。

糖質制限ダイエットを実際に行ってみればわかると思うのですが、1週間ほど実践すればたいして糖質を欲しいという感情はなくなってきます。

糖質制限ダイエットを開始してチートデイを設けるということは、ある程度糖質制限ダイエットを継続できていると思うので上記の心配はほとんどありません。

糖質制限中にチートデイを行う際にきおつけたいこと

糖質制限ダイエット中にチートデイを設定するのはいいことなのですが、やる上での注意点もあったりします。

  • 連続して行うと、体重がなかなか落ちない
  • チートデイの日に1食で糖質を取りすぎると超絶眠たい

掘り下げつつ解決策も書いていきますね。

注意点①連続して行うと体重が落ちない

チートデイは2週間もしくは1週間に1日だけにしておきましょう。

1日連続とか中3日とかだと増加した体重が落ち切れません。普段は2日~3日ほどで体重が元の体重に戻るか、下回るかしていたのですが二日連続で行ってしまったときには、5日ほど体重が戻りませんでした。

体重が落ち切る前に次のチートデイを迎えると、どんどん増えていくことになります。

チートデイの設定は連続で行うのではなく、間隔を開けて行うようにしましょう。

注意点②一度の食事で糖質を摂取しすぎると眠気に襲われる

チートデイの日に一食で糖質を過剰に摂取してしまうと、食後の眠気が相当ヤバいです。

糖質を摂取した時に眠くなるメカニズムを超絶簡単に書くと、下記の様な感じになります。

糖質を一気に摂取すると、体内でブドウ糖などに分解されるので、血液中のブドウ糖の量(血糖値)が急上昇。血糖値を下げるためにインスリンが分泌されるのですが、インスリンが分泌されると血糖値が急激に下がります。この血糖値の急降下が眠気を誘う…。

一気に糖質を摂取してしまうと、血糖値の急上昇から急降下につながりますので、猛烈な眠気が襲ってきます。

上記のツイートのように小分けにして食べることをお勧めします(^^)/

まとめ|チートデイはメリットだらけ…!

糖質制限ダイエット時にチートデイをやったほうがいい理由は下記の通りです。

  • 糖質を我慢した分食事がおいしく感じる
  • 次のチートデイまで糖質制限を頑張ろうと思える
  • 実際に体重が減少しだした

糖質制限ダイエット時にチートデイをやる際の注意点は下記の通りです。

  • 連続して行うと、体重がなかなか落ちない
  • チートデイの日に1食で糖質を取りすぎると超絶眠たい

基本的にはあまり気にせずにチートデイを設定すればいいと思います。しかしチートデイをやる際に注意点があるのも事実ですので、あまり無茶はしないようにしましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

山口県在住の30代です。基本的には実際に使ってみたり体験したことのみを記事にまとめています。記事を読んでいただいた方の参考になればうれしいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる