MENU

一人暮らしでキッチンが狭い人向け?!作業台にもなるタオル掛け!

料理を頑張りたいんだけど、1Kだしキッチンが狭いので、もうちょっと広い便利なんだけど…。

そんな感じの悩みを解決していきます。本記事の内容は下記の様な感じ…。

  • タオルハンガー&補助テーブルの使用レビュー
  • タオルハンガー&補助テーブルのメリットデメリット

この記事を書いている僕は、タオルハンガー&補助テーブルを購入して実際に使ってみました。

ワンルームに一人暮らしをしているとキッチンってかなり狭いので、料理がやりにくいって感じてました。もうちょっと広ければ便利なのになっていう感じで見つけたのが、こちら…。

そこで今回は、「タオルハンガー&補助テーブルを実際に使ってみた感想とメリットデメリット」について解説していこうと思います。

ちょっとだけですが荷物を置けるようになります。作業スペースが少し広がるので料理が少ししやすくなりますよ…。

目次

キッチンで使える作業台!レビュー

購入して1週間ほど使用してみたのですが、整理整頓をしながら料理ができない僕にはもってこいです。

料理前は広くて作業性のいいキッチンですが、次第に物であふれちゃって作業台が欲しくなるんですよね。というわけで、簡単に商品紹介していきますね。

  • 商品名:タオルハンガー&補助テーブル
  • 価格:3700円
  • 材質:ステンレス
  • 耐荷重:約1Kg
  • 本体重量:約570g
  • 使用時サイズ:幅30×奥行27×高13(cm)
  • 収納時サイズ:幅29.7×奥行8.2×高24.5(cm)

補助テーブルとして使わないときは、タオル掛けとしてかなりコンパクトに収納できるようになっています。

キッチン台収納スペースの扉の淵に挟み込む形で取り付けることができます。

実際に取り付けるとこんな感じになります。

タオルをかけるとこんな感じになります。

それでは作業台を引っ張りだしてみましょう…。上に引っ張るだけなので簡単ですよ。こんな感じになります。

我が家のキッチン台の構造上、取り付け位置が若干キッチン台より下がってしまうのですが、これでも全然使えます。

賃貸のアパートとかでしたらキッチン収納は開き戸のタイプが多いと思うので、我が家と違ってキッチン台とほぼ同じ高さに補助テーブルを設置できるのかなと…。

タオルハンガー&補助テーブルのデメリット|2つ

実際に利用してみて感じた「タオルハンガー&補助テーブル」のデメリットは下記の2つです。

  1. タオル使用時に少し音がうるさい
  2. 耐荷重1Kgと少し頼りない

デメリット①|タオル使用時に少し音がうるさい

手を洗った後にタオルで手をふくのですが、若干ガチャガチャ音がしてうるさいです。

材質がステンレスで、補助テーブルとして簡単に引き出せるようになってるので、「ガチャガチャ」と触れ合う感じで音がします。

個人的にはあまり気にならなかったよ!
激しく手を拭く人だと、ちょっと目立つかも?

デメリット②|耐荷重1Kgと少し頼りない

公式では耐荷重1Kgとされているので、割と頼りない印象でした。なので、試しに重りを…。

ざっと二倍の2Kgほど…。もう少し行けそうな感じもありましたけどね。

ずっと荷重を与え続けると、取り付け部分が変形しなくもなさそうなので、普段使いとしては2Kgまでがいいのかなと…。

もう少し攻撃的に行ってもよかったけどね!
それでも公式の2倍はすごいよね…。

タオルハンガー&補助テーブルのデメリット|2つ

実際に利用してみて感じた「タオルハンガー&補助テーブル」のメリットは下記の2つです。

  1. 必要な時に瞬時に使える
  2. 薄くて邪魔にならない
  3. 賃貸でも設置が可能

メリット①必要な時に瞬時に使える

使いたいときに一瞬で使えるのは大きいですね。

サッと引き出すだけなので、かなりお手軽に補助テーブルに変身します。

私でも簡単に使えそうだね

メリット②薄くて邪魔にならない

収納時のサイズはこんな感じです。

  1. 収納時サイズ:幅29.7×奥行8.2×高24.5(cm)

奥行きが10㎝未満なので、全く邪魔にならないですよ…。

う、薄っ!ほぼ気にならないかも…。

メリット③賃貸でも設置が可能

下記の様な感じで扉の淵に引っ掛ける形で取り付けを行います。

ほぼすべての賃貸で設置が可能ですよ。

取付可能かどうか悩まなくていいのはありがたいね

一人暮らしのキッチンは狭いので、作業台としておすすめ!

最初にも書きましたが、個人的には料理中に整理整頓ができないタイプの料理人なので、次第に作業スペースがなくなってしまいます。※料理人ではないけど…。

なので同じようなタイプの人であれば、おすすめです。

さらに1Kのように狭いキッチンであれば、そもそも料理スペースが狭いし、他に補助台を用意するのもスペースを取ってしまうので、「タオルハンガー&補助テーブル」はお勧めかなと…。

そんな感じです…。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

山口県在住の30代です。基本的には実際に使ってみたり体験したことのみを記事にまとめています。記事を読んでいただいた方の参考になればうれしいです。

コメント

コメントする

目次
閉じる