タイヤチェーンの付け方解説!事前に練習しておくことをお勧めします。

スポンサーリンク
DIY/お役立ち情報

冬の高速道路でタイヤチェーンが義務化されたと聞きました。いざという時のためにタイヤチェーンを購入しようと思うのですが、何を買ったらいいのかよくわからなかったりします。ついでに着け方なんてのも知りたいです。

実はタイヤチェーンって、意外とつけるのが難しかったりします。

なぜなら、タイヤチェーンって生活環境によってはほとんどつける経験がないからです。

  • 年に数回
  • 数年に1回

上記の感じで、ほとんどつけることがないですよね。過去に着けたことがあっても、忘れていることがほとんどです。

この記事では、いざという時に困らないように、自分用に写真を交えて整理した内容を紹介しおります。

記事を読み終えると、タイヤチェーンの購入から取り付けまでがわかるので、いざという時の役に立つかと思います。少しだけお付き合いください。

スポンサーリンク

タイヤチェーンを購入する際の注意点

f:id:hamubee:20191027155954j:plain

まずはタイヤチェーンを購入する際の注意点を紹介しておきますね。

車種によってはタイヤサイズが違うので、間違って購入してしまうと、装着できない可能性がありますので。

確認すべきポイントとしは、下記の2点ほどです。

  • タイヤサイズ
  • タイヤ種別

上記の通り。タイヤサイズは自分の車のタイヤに書いてあります。

f:id:hamubee:20191027163523j:plain

簡単に見方を書いておきますね。僕のタイヤの表記は【185/65R15】です。

わからなければ、店員さんに確認すればOkですよ。

タイヤの種類については、ノーマルなのかスタッドレスなのかということになります。

金属チェーンと非金属チェーンの比較

f:id:hamubee:20191027160111j:plain

上記の内容を確認したところで、タイヤチェーンの種別について紹介しておきます。大きく分けると、下記の2通りに分かれます。

  • 金属チェーン
  • 非金属チェーン

上記の通りです。どちらを選択してもいいのですが、どちらにもメリット・デメリットがあります。

金属チェーンのメリット・デメリット

金属チェーンのメリット・デメリットを紹介しておきます。

メリットは下記4点ほどです。

  • 値段が安い
  • 深雪でのグリップ性能が高い(滑りにくい)
  • コンパクトに収納できる
  • 手入れがよければ、耐久性が長い

デメリットは下記3点ほどです。

  • 保管状況が悪いと錆びる
  • 慣れないと装着に時間がかかる
  • 振動、騒音が大きく乗り心地に影響する

上記の感じです。

非金属チェーンのメリット・デメリット

非金属チェーンのメリット・デメリットを紹介しておきます。

メリットは下記3点ほどです。

  • タイヤへの取り付けが簡単
  • 振動、騒音が少ないので乗り心地がいい
  • スピードだ出しやすい

デメリットは下記3点ほどです。

  • 金属製に比べて劣化が早い
  • 値段が高い
  • 収納は金属製に比べ場所をとる

上記の通りです。

タイヤチェーンの取り付け方法【写真で解説】

f:id:hamubee:20191027160209j:plain

今回購入して取り付けを行った商品は「CYBER NET」という商品。

f:id:hamubee:20190129122156j:image

非金属製のチェーンで、車の移動なしで簡単に着脱可能といった特徴があります。

それでは、実際に取り付けてみましょう。大まかな手順は下記のステップですよ。

  • ①タイヤの裏側にチェーンを回す
  • ②タイヤ奥側のロックをかける
  • ③タイヤ下側のフックをかける
  • ④タイヤ上側のフックをかける
  • ⑤付属のハンドルを使て、フックをロックする

上記の5手順です。

チェーンはこんな感じです。

f:id:hamubee:20190129123121j:image

①タイヤの裏側にチェーンを回します。

f:id:hamubee:20190129123219j:image

イメージはこんな感じです。 

f:id:hamubee:20190129123017j:image

②タイヤ奥側のロックをかける

f:id:hamubee:20190129123459j:image

イメージはこんな感じです。

f:id:hamubee:20190129123310j:image

③タイヤの下側のフックをかける

f:id:hamubee:20190129123817j:image

④タイヤ上側のフックをかける

f:id:hamubee:20190129123912j:image

イメージはこんな感じです

f:id:hamubee:20190129123702j:image

⑤付属のハンドルを使ってロックする

f:id:hamubee:20190129123954j:image

イメージはこんな感じです

f:id:hamubee:20190129124020j:image

練習しておきましょう【割と苦戦】

f:id:hamubee:20191027160343j:plain

見出しの通り、実践デビューする前に一度取り付けておくことをお勧めします。

理由は下記の通り2つほどあります。

  • 新品はチェーン自体が伸びていないのつけづらい
  • 初めてor数年ぶりだと、やり方を忘れている

上記の通りです。手順もそうなのですが、新品は材料自体が伸びていないので、手順⑤のロックする際にめちゃくちゃ力が必要でした。

2度目は、チェーンの素材が伸びたのか、少量の力でロックすることができました。

2度ほど取り付けを行ったのですが、時間としては下記の通り。

  • 1度目 : 20~30分
  • 2度目 : 10分以内

上記の通り。事前に1度目を経験しておくことで、本番に数分で済むので…。割と寒空の中20~30分作業ってしんどいですからね。

まとめ

f:id:hamubee:20191027160439j:plain

最後に記事の内容をまとめていきます。

金属製と非金属製に分別されますが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分に合ったほうを選択すればOKですね。

いざ本番で取り付けようとしても、慣れていないので時間がかかる可能性が高いです。なので一度は装着してみることをお勧めします。

割と寒空の中装着作業するのはしんどいと思いますので…。

今回はこんな感じで終わろうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました