joby製ミニ三脚【グリップタイトONEマイクロスタンド】コンパクトで便利すぎる!【常時携帯】

スポンサーリンク
DIY/お役立ち情報

写真や動画撮影ってぶっちゃけスマホで十分なんだよね…。

だけど三脚とかを常に携帯するのって少し荷物だし…。

コンパクトに持ち運べるようなスマホスタンドないかな(・・?

今回はそんな感じの悩みを解決していこうと思います。

結論から言うとJobyの「グリップタイトONEマイクロスタンド」がおすすめです。

本記事の内容は下記の様な感じです。

  • グリップタイトONEマイクロスタンドを使用した感想
  • グリップタイトONEマイクロスタンドのメリットとデメリット

3か月間ほど実際に使用してみましたので、感想やメリット・デメリットをレビューしていこうと思いますので少しだけお付き合いください。

スポンサーリンク

Jobyのスマホ用ミニ三脚【グリップタイトONEマイクロスタンド】を使用した感想

グリップタイトONEマイクロスタンドを使用した感想としては、普通に満足しているといった感じです。

折りたたむとかなりコンパクトになるので、常に携帯することが全く苦になりません。

グリップタイトONEマイクロスタンドを簡単に紹介!

グリップタイトONEマイクロスタンドについて、サクッと紹介しておきますね。

  • メーカー:Joby
  • 三脚部分:マイクロトライポッド
  • カメラ取付部分:グリップタイトONEマウント
  • 価格:3000円弱

スマホスタンドやカメラの三脚をメインに取り扱っている、Jobyという会社の製品です。実はグリップタイトONEマイクロスタンドは上記の通り、三脚部分とカメラ取付部分は別売りで販売されています。

マイクロトライポッド(三脚部分)+グリップタイトONEマウント(カメラ取付部分)=グリップタイトONEマイクロスタンドと思っていただければOKですね。

マイクロトライポッド(三脚部分)

三脚部分を担当するマイクロトライポッドと言われる製品です。

デジカメやビデオカメラに着けて使うことができます。

下記の様な感じで、地面に置いたりして使うことができます。

グリップタイトONEマウント(カメラ取付部分)

カメラ取付部分を担当するグリップタイトONEマウントと言われる製品です。

上記のような感じでスマホを挟み込むような形で固定することができます。

スマホに触れる部分はゴム素材になっているので、スマホが傷つかずグリップ力もそれなりにありますね。

グリップタイトONEマイクロスタンド

マイクロトライポッドとグリップタイトONEマウントをドッキングさせると、上記のような感じになります。

スマホに取り付けると下記の様な感じになりますね。

実は下記の赤丸部分が取り付け部になるのですが、若干稼働したりします。実際にiPhone8を取り付けて可動域を確認してみましたので確認してみましょう。

左右への可動域を見ていきましょう。

左側へ9度ほど

右側へ11度ほど

上下への可動域を見ていきましょう。

奥側へ18度ほど

手前へ14度ほど

簡単にまとめると下記の様な感じで稼働するようですね。

  • 左側:9度
  • 右側:11度
  • 奥側:18度
  • 手前:14度

上記の感じですね。左右に20度、奥手前に32度の可動域があるような感じになります。

実際に動画を撮ってみた

グリップタイトONEマイクロスタンドを使用して、実際に動画を撮ってみました。

非常にコンパクトなので地面に置いた場合は、割と見上げるような感じの動画になりますね。

Jobyのスマホ用三脚【グリップタイトONEマイクロスタンド】のメリットとデメリット

ここからはグリップタイトONEマイクロスタンドのメリットとデメリットを見ていこうと思います。

メリットはこんな感じですね。

  • コンパクトで持ち運びが便利
  • 普通の三脚にもスマホを取り付けできる
  • 設置が簡単
  • スマホスタンドとしても使用可能
  • ほぼすべてのスマホで使用可能

逆にデメリットはこんな感じですね。

  • タブレットは使用不可

上記の通りですね。それぞれ見ていきましょう。

メリット①コンパクトで持ち運びが便利

折りたたんだ状態だと非常にコンパクトなので、持ち運びが全く苦になりませんね。

折りたたむとサイズ的には下記の様な感じです。完全にスマホより小さく薄いのでどんなポケットにも入りますよ。

メリット②普通の三脚にもスマホを取り付けできる

カメラ取付部分のグリップタイトONEマウントは普通の三脚にも取り付けることが可能です。

下記の写真を見ていただければわかると思いますが、取り付け部分がデジカメやビデオカメラと同じ構造になっているからですね。

グリップタイトONEマウントにスマホを取り付けることで、通常の三脚にスマホを取り付けて撮影することが可能になりますね。

メリット③設置がめちゃくちゃ簡単

折りたたんだ状態から設置までが非常に簡単です。実際にどういう動きをするのか見てみたほうが速いと思いますので、下記の動画を見てみてください。

上記の通りです。簡単じゃないですかね(・・?

メリット④スマホスタンドとしても使用可能

スマホスタンドとしても活用することができますね。

そもそも三脚部分が短く低いのでスマホスタンドとしてもちょうどよかったりします。

メリット⑤ほぼすべてのスマホで使用可能

ほぼすべてのスマホを取り付けることができます。

  • 可動部分が54mm~90mmの範囲で動く
  • ほぼ全てのスマホの横幅は80mm以下

上記の通りですので、現時点ではほぼ全てのスマホを固定することが可能ですね。

デメリット①タブレットは使用不可?

ほぼ全てのスマホを取り付けることが可能ですが、ほぼ全てのタブレットを取り付けすることができません。

可動域の最大が90mmなのですが、ほぼ全てのタブレットが100mm以上だからですね。

だけど外で写真を撮るときって、タブレットよりスマホを使う人のほうが多いと思うので、気にならない人のほうが多いかもしれませんね。

まとめ:気に入ったので常に持ち歩いていますよ!

手帳型のケースを使用すればスマホを立てかけることができるので、活用していたのですが外で使う分には予期せぬことでスマホが倒れたりして、割と不便だなといった感じでした。

グリップタイトONEマイクロスタンドをゲットしてからは、上記のようなことはなくなったので、常に持ち歩くようになってしまいました。

さらに三脚部分とスマホ固定部分は独立するし、通常の三脚にスマホを取り付けることも可能なので、たまに三脚にスマホを固定して動画を撮ったりしています。

マイクロトライポッド(三脚部分)とグリップタイトONEマウント(スマホ取付部)を別々に購入することができるのですが、少し割高になってしまいますのでグリップタイトONEマイクロスタンドを購入することをお勧めします。

今回はこんな感じで終わろうと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました