ボテ腹ボルダーの日常

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

肩こり解消にはブリッジがお勧め!「ダンベル何キロ持てる?」第29話感想

こんにちは。ナギャオです。

 

今回は筋トレを題材にした漫画「ダンベル何キロ持てる?」の第29話について紹介していきたいと思います。

今回のテーマはレスラーブリッジについてです。 

 

あんまり聞きなれないですよね?名前からプロレスラーやレスリング選手などの格闘技系の選手がやるイメージがありますが、男らしかっこいい体を手に入れたい方首のこりや肩こりを解消したい人にお勧めです。

 

 

目次

 

 

1.ストーリー紹介

新春特番である、素人かくし芸大会の生放送に出演することになった、ひびきちゃん一向。出演理由は当然賞金100万円欲しさです。

 

番組ディレクターの「出入苦多郎」は、企画が地味だと嘆いていました。

特番を素人に頼るだなんて予算がないのね(笑)

 

そんな中、登場したひびきちゃん一向。アイドルオーディションの時のように、暴れてくれれば視聴率アップにつながると期待してたんですけどね…。

 

アイドルオーディションはこちら

www.hamubee.com

 

ひびきちゃんたちのやろうとしていた、かくし芸は…。

 

なんと空気椅子だった。

 

空気椅子のギネス記録(11時間5分)にチャレンジしようとしていました。

生放送じゃあ放送事故かな…;つД`)

 

出入苦多郎にもっと派手なのをやれと要求され、急遽披露したのが「レスラーブリッジ」でした。立花先生がたまたまレスラーマスクかぶってたからなのか?

そしてなぜまた制服?コスプレしたいだけだね(笑)

 

なぜかなぜかステージ横に海パン一丁で解説を加える街雄トレーナー…。立花先生の素敵なレスラーブリッジをみて、「ナイスブリッジ」の一言を残し去っていきました(; ・`д・´)

 

レスラーブリッジに素直に感動と敬意を表する、出入苦多郎(でいれくたろう)…。

 

だけど、だけどね…絵が地味すぎて視聴率は稼げないの…。

 

と心配していたのもつかの間、しっかりとF1層(20歳~34歳の女性)の心をがっつりつかんだようで、高視聴率をゲット…。

 

よかったね(; ・`д・´)

2.レスラーブリッジについて

首を鍛えるトレーニングの一種ですね。名前の通りレスラーが首を鍛えるのに手をつかないブリッジを行っているイメージですね。

 

格闘技をやっている方は首のトレーニングで導入していたりします。格闘技をやっていなくても、男性がかっこいい体を手に入れるのには必要だったりします。

 

かっこいい体のイメージとしては、厚い胸板やシックスパックの腹筋、太い腕などだと思います。これと同等以上に見た目に左右する部位が首なんですね。

 

首って顔に最も近い部位なので、視界に入りやすく第一印象に大きくかかわるのです。

 

レスラーブリッジ中に首を前後左右に動かすことで、首のこりや肩こりの解消にも効果があったりします。

3.読んでみた感想

楽しいことを探して参加したと思っていたら、いつの間にか賞金目当てに変わっちゃいました。100万円を目にして俄然やる気になったのでしょう。正直者たちです。

 

てか生放送なのに、11時間もしゃくをとろうとしてたなんて、よく参加できたよね。

 

そしてやっぱり制服コスプレで参加した、立花先生。教育者としての立場が覆面をかぶらせたのでしょうが、はっきり言って逆に目立っちゃってます(*´з`)

そりゃそうだろ(笑)

 

てか街雄トレーナはなぜいつもパンツ一丁なのでしょうか(笑)

でもね、解説者としては、完璧なのですよ。ディレクター用の解説はね…。

視聴者には一切伝わらないんだろうなぁと思ったり。

 

今回レスラーブリッジの出演で、テレビ的にはめちゃくちゃ地味だったけど、高視聴率をゲットしたようでよかったです。

F1層(20歳~34歳の女性)にしっかり受けたようでよかったです。

この層は筋トレに興味があるのか?マッチョが好きなのか?

少し謎ですが、瞬間最高視聴率はグラドルのポロリだったそうです(笑)

4.豆知識

首のトレーニングは最新の注意を払うこと。無理は絶対にNGです。 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村