逆腹式呼吸とは何ぞや?期待される効果とやり方解説します!「ダンベル何キロ持てる?」第74話感想

スポンサーリンク
ダンベル何キロ持てる?

「ダンベル何キロ持てる?」単行本9巻第74話「逆腹式呼吸」について感想を書きつつ、逆腹式呼吸について触れていこうと思います。

  • ダンベル何キロ持てる?第74話の感想を書く
  • 紹介された「逆腹式呼吸」について解説する

上記の感じで進めていこうと思います。通常行う順腹式呼吸よりメリットだらけなので、少しだけお付き合いください。

スポンサーリンク

ダンベル何キロ持てる?第74話の大まかなストーリ&感想

湯豆腐の大食い大会に参加するために京都で有名な「マッスル寺」に訪れていたひびきちゃんと朱美ちゃん…。
京都と言えば湯豆腐って本当なの(・・?ひびきちゃんも朱美ちゃんもピンと着てないっぽいけど(-_-;)
しかも会場の「マッスル寺」って何が元ネタなのかすら不明なのだけど(笑)

エントリーを済ませたひびきちゃんと朱美ちゃん…。会場に向かっている途中にマッスル寺僧侶の「禿念」より大会史上の伝説を聞かされます。
大食い自慢の参加者をもってしても食べきれない量の湯豆腐を、全て食べつくしたブーメランパンツ一丁のマッチョの存在…。シルエット的に完全に街雄さんだよね( ゚Д゚)

位置についた参加者たち…。奥の手「逆腹式呼吸」にて胃腸を強化した朱美ちゃん…。
いや、なんか全ての力を胃腸に集約したかのように自信に満ち溢れたんだけど…(‘ω’)ノしかもなんか謎のオーラにも包まれだしたし( ゚Д゚)

朱美ちゃんの驚異的なペースに驚いたのか、他の参加者が驚きを隠せません。驚異的なペースで食べ進める朱美ちゃんがふと隣のひびきちゃんに目をやると…。
おおっ( ゚Д゚)さすが奥の手「逆腹式呼吸」…。めっちゃいいペースやん!(^^)!でも隣のひびきちゃんは何丁食ったんだってくらいに膨れ上がって追加の鍋を要求してるし( ゚Д゚)

勝敗は、豆腐がなくなるまで食べ続けたひびきちゃんに軍配が上がりました。優勝賞品は豆腐一年分…。
豆腐がなくなるまで食うって、街雄さんと戦ったら意外と勝てるんじゃない(・・?てか食べてる最中は風船みたいに丸く膨らんでたのに、大会が終わった後は豆腐型に膨れるてるなんて、さては噛まずに丸飲みかな(・・?

逆腹式呼吸とは?どんな呼吸法か紹介します!

逆腹式呼吸という呼吸法があるのですが、簡単に言うと腹式呼吸の逆の呼吸法になります。腹式呼吸についてざっくり紹介しますね。

  • 息を吸う(お腹が膨らむ)
  • 息を吐く(お腹がへこむ)

上記の通りなのですが、息を吸えばお腹が膨らんで息を吐きだせばお腹がへこむのは割と当然ですよね。逆腹式呼吸はこの逆になります。

  • 息を吸う(お腹がへこむ)
  • 息を吐く(お腹が膨らむ)

実際にやってみるとわかるのですが、意識してやらないと難しかったりします。

逆腹式呼吸ってぶっちゃけどんな効果があるの?

逆腹式呼吸を行うとどんな効果があるのか、簡単に紹介していきますね。一般的には下記の様に3つほどの効果が期待できます。

  • 血流の改善による脂肪燃焼
  • リラックス効果
  • 胃腸の動きの活性化

上記の通りです。息を吸う時にお腹を凹ませることで、横隔膜を吊り上げるので結果的に肺も押し上げられます。その結果より多くの息を取り込むことができるようになります。

逆腹式呼吸って順腹式呼吸よりいいことずくめですよ!

上記のようなメリットがある逆腹式呼吸なのですが、順腹式呼吸とひかくするとどんなメリットがあるのでしょうか?一般的には下記の様な感じです。

  • 呼吸時に大きく内臓が動く
  • お腹を収縮するため、インナーマッスルを鍛えることができる
  • 空気を効果的に取り込める
  • 二酸化炭素を十分に排出することができる

上記の通りです。ダイエット効果や老廃物の除去といった感じでいいことが多いですね。

逆腹式呼吸のやり方紹介!意識しないと難しいですよ!

ここからは逆腹式呼吸のやり方を紹介していきますね。リラックスしながら下記の様な感じで行います。

  • 息を吸う時に意識してお腹を凹ませる
  • 息を吐く時に意識してお腹を膨らませる

上記の通りです。基本は呼吸時に意識してお腹を凹ませたり膨らませたりするだけです。

意識しないで呼吸すると順腹式呼吸になるので、無意識に逆腹式呼吸を行うとなると割と難しいかもです。

ダンベル何キロ持てる?第75話予告

次回第75話は自重ラットプルダウンについてです。

背中を鍛えるためにラットプルダウンは必須ですが、バーベルがなくても自重でも可能ですよといった感じのお話です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました