Nagyablog

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

前腕と手首の筋トレ!リストカール「ダンベル何キロ持てる」第46話感想

スポンサーリンク

こんにちは。ナギャオです。

 

今回は筋トレを題材にした漫画「ダンベル何キロ持てる?」の第46話について紹介していきたいと思います。

   

今回のテーマはリストカールについてです。

 

スポーツを行う上で重要な握力を鍛えることができます。

1.ダンベル何キロ持てる?第46話ストーリ&感想

すっかり出入苦多郎と仲良くなった、プロコスプレイヤー「坂口めい」…。夏の特番で「芸能人 灼熱運動会」といった企画のオファーをゲットするのであった。

灼熱運動会???熱中症患者続出の予感…(;゚Д゚) 

 

これも全て坂口めいの計画通り…。「同じジムに通うことにより、出入Dとの距離が近くなる。あとは、スポーツ特番で活躍するだけ…。そのためにジムで身体能力の底上げ…。生きるしかないわね。このモンスターハウスで…。

おぉぉぉ(; ・`д・´)ジェイソン・スゲエサム見事に復帰してるやん(*‘∀‘)筋肉王決定戦の準決勝で死んだはずなのに( ゚Д゚)

確かにモンスターハウスだわな(*‘∀‘)

 

f:id:hamubee:20190508214720j:image

 

すっかりジムに慣れてきた坂口めい…。ひびきちゃん一向に一緒にトレーニングしようと誘われます。

坂口めい…。めちゃくちゃ腹黒いです。筋肉王決定戦で上位の成績を残した一向とは仲良くしておきたいようで…。

 

ひびきちゃんとも仲良くしておきたいようで、歳を聞かれて笑顔で「26歳だよ」と答えるも、ひびきちゃんに「もう年なんだから無理しないようにね」と余計な一言を言われ、本音がポロリ…。

「死にてえか糞餓鬼」…。目が笑ってないです( ゚Д゚) 腹黒さが前面に出てますね(; ・`д・´) ひびきちゃん一向は何とかごまかせたようだけど、立花先生率いる大人軍団には若干本性がばれたか???

 

f:id:hamubee:20190508214752j:image

一通りトレーニングを終えた一向…。出入ディレクターがリストカールを頑張っているシーンを見て、リストカールを教えてもらいます。

トレーナーはジェイソン・スゲエサムなんだね(*‘∀‘)しかも初めて20回こなせたようで、感動で抱き合って喜んでるし( ゚Д゚)でもちゃっかり逮捕された件は恨んでる様子(笑)

 

f:id:hamubee:20190508214804j:image

 

出入ディレクターの頑張りに坂口めいの好感度は上がっていくのであった。

 

翌日…。予定していた【出入Dが行く!美女軍団とバスツアー】が出入ディレクターの全身筋肉痛により中止となりました…。

ありゃ?めちゃくちゃ好感度上がってたのに、翌日に一瞬にして下がってしまったよ(笑)

2.リストカールについて

リストカールを行うことにより鍛えることのできる筋肉は、前腕の筋肉になります。

 

f:id:hamubee:20190508214853j:image

 

2-1.前腕を鍛えることによるメリット

前腕を鍛えることによるメリットはこんな感じです。

 

スポーツをする上では、1・2は重要でその要素を同時に向上させることができます。

 

  1. 手を握る、開く動作が強くなる

  2. 手首の動きが強くなる

  3. その他筋トレのパフォーマンス向上

 

・手を握る、開く動作に強くなる

前腕を鍛えることにより、手を握る力=握力が向上します。

 

 

握力はスポーツをする際にとても重要な要素になります。野球やテニスなどのバットやラケットを使うスポーツは握力をフルに使うスポーツです。

 

握力が弱いと、試合後半に強い球が投げれなかったり、強い球が打てなかったりと、後半になればなるほど、差が出てくるようになります。

 

・手首の動きが強くなる

身近な動作であれば、うちわであおぐ動作がこれに当たります。

 

スポーツにおいては、強い球を投げたり、打ったりする場合手首の力(スナップ)は非常に重要な要素になります。

 

・その他筋トレのパフォーマンスアップ

筋トレをする場合、ダンベルや器具のバーを持った状態で行うこともあると思います。

 

鍛えたい部位が付かれる前に、握力がなくなりトレーニングを継続できなくなる可能性もあります。

 

懸垂(チンニング)がいい例だと思います。背筋が疲れる前に前腕が疲れてしまっては、バーを握る握力がなくなるので、それ以上継続することができなくなります。

 

鍛えたい部位が疲れる前に、前腕が疲れてしまうことを防ぐために、鍛えておくことにより、パフォーマンスが向上する結果となります。

2-2.リストカールのやり方

前腕を鍛えることのできる、リストカールのやり方はこんな感じです。

 

  • ベンチに座り、前腕を太ももに乗せる

  • 手首をゆっくり下に曲げる

  • 手首を巻き上げる

 

・ベンチに座り、前腕を太ももに乗せる


f:id:hamubee:20190508214818j:image

 

・手首をゆっくり下に曲げる


f:id:hamubee:20190508214830j:image

 

 

・手首を巻き上げる


f:id:hamubee:20190508214843j:image

2-3.リストカールを行う上での注意点

リストカールを行う上での注意点は、こんな感じです。

 

  • 重すぎる負荷で行うと、手首を痛める

  • ダンベルは軽く握る

 

・重すぎる負荷で行うと、手首を痛める

あまり重たい負荷で行うと、手首を痛める可能性があります。

 

1セット20回くらいできる重量がBESTです。

 

・ダンベルは軽く握る

強く握りすぎると、手首が曲げられないので、効果が半減します。

 

指先で握るか浅く握るくらいがちょうどいいです。 

3.次回トレーニング内容

次回第47話はBDNFについてです。

www.hamubee.com

筋トレすることにより頭がよくなるかも?といったお話です。