ボテ腹ボルダーの日常

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

筋トレと併用して飲むサプリメント!まとめ「ダンベル何キロ持てる」第37話感想

スポンサーリンク

こんにちは。ナギャオです。

 

今回は筋トレを題材にした漫画「ダンベル何キロ持てる?」の第37話について紹介していきたいと思います。

今回のテーマはサプリメントの選び方についてです。

 

筋トレを本格的に始めたのはいいけど、プロテインやいろいろなサプリについて知りたいという方にお勧めです。

1.ダンベル何キロ持てる?第37話ストーリ&感想

アメリカで行われた、ボディビル大会で優勝した街雄トレーナが帰国しました。

 

そこにひっつい来たのが、「ジェイソン・スゲエサム」というモブマッチョ…。

 

彼はドゲちゃんの秘書をしていたのですが、街雄トレーナーのトレーニング補助を命じられてやってきました。

今回初めてモブマッチョのヒエラルキーが発表されましたね( ゚Д゚) 

アメリカからついてきた、「ジェイソン・スゲエサム」はピラミッドのトップ…。いきなり出てきたくせに、上位層だなんて…。他のモブマッチョがかわいそうだけど(笑)

 

※モブマッチョのヒエラルキーはこちらです。

 

  • 上位層:名前あり&ほぼレギュラー
  • 中間層:髪が描かれ、個性をもつ
  • 下位層:個性なし

 

普段通りトレーニングを開始しようとした矢先、アメリカより巨大な段ボールが届きます。

 

その中には、優勝賞金で購入したプロテイン&サプリメントが入っていました。

えっ?全部サプリにつぎ込んだの(・・?

 

アメリカまで応援に来てくれたお礼にと、一部おすそ分けをしようとするのですが、ひびきちゃんと立花先生はほとんど飲んだことがない様子。

まあ確かに、誰かに勧められないとなかなか飲まないよね(^^♪

 

ついでにひびきちゃんはプロテイン=筋肉が大きくなると勘違いして敬遠さえしています。

うん(^^♪その気持ちわからなくはないかな…。(^^)/

 

その勘違いを解こうと、街雄トレーナーによる講義が始まりました。

 

 

プロテインやサプリメントの必要性が理解できた一向。ひびきちゃんはプロテイン(チョコ味)をもらいます。

 

そしてその夜(バレンタイン前日)…。

 

街雄トレーナーにとチョコ(プロテイン入り)を作るひびきちゃん。

 

超巨大なチョコを作ってしまい、ジーナと味見をしているうちに全て食べてしまいました…。 

ひびきちゃんが味見をして、間食しないなんてことあるわけないじゃん( ゚Д゚)

f:id:hamubee:20190719093210j:plain

2.サプリメントについて

サプリメントについて下記の4種類紹介します。

 

  • プロテイン
  • クレアチン
  • BCAA
  • カルニチン

 

2-1.プロテイン

プロテインとはたんぱく質のことです。

 

筋肉を大きくするには必要不可欠な栄養素になります。

2-1-1.必要な摂取量

必要な摂取量については、普段の生活によって若干違いがあります。

 

  • 普段運動をしない人
  • 普段運動をする人

 

上記のパターン別に詳しく、解説します。

 

・普段運動をしない人

健康的な生活を送るために必要とする摂取量は、体重1Kgに対してたんぱく質1gが目安となります。

 

※厚生労働省の「国民健康・栄養調査」による

 

例 体重70kg ⇒ 摂取量70g

 

・普段運動をする人

筋肉をつけるためにトレーニングをしていたり、普段スポーツをしていたりするような人は、体重1Kgに対してたんぱく質2gが目安となります。

 

例 体重70kg ⇒ 摂取量140g 

2-1-2.不足するとどうなるか

タンパク質は人間に必要とされる三大栄養素の一つでして、不足した場合は以下のような症状が現れたりします。

 

  • 体つくりがうまくいかない
  • 体調を崩しやすくなる
  • けがをしやすくなる
  • けがの回復が遅くなる

 

上記のような症状が出るので、控えめに言っても影響ありまくりですね。

2-1-3.プロテインの種類

プロテインといっても種類があるのですが、大まかには以下の3つです。

 

  • ホエイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • カゼインプロテイン

 

上記3種類について、どのようなものなのか解説します。

 

・ホエイプロテイン

牛乳から精製されるプロテイン

 

吸収が速く、筋肉の合成に有効なアミノ酸、BCAAが豊富に含まれている。

 

筋トレなどの体づくりを行っている人であれば、ホエイプロテインがお勧めです。

 

・ソイプロテイン

大豆を原料としたプロテイン

 

吸収が比較的ゆっくりで代謝をサポートしアルギニンが豊富に含まれている。

 

・カゼインプロテイン

牛乳から精製されるプロテイン

 

吸収は比較的ゆっくりで、アスリートに有効なアミノ酸、グルタミンが豊富に含まれている。

2-1-4.飲むタイミング

タンパク質は一度に大量に摂取しても、体内で有効に使われないため、小分けにして摂取するのがお勧めです。

 

基本は普段の食事にて摂取するのがいいのですが、それだと足りないので、プロテインで補う形になります。

 

お勧めの時間帯はこんな感じですが、強く意識する必要はないと思います。

 

  • トレーニング後30分以内
  • 就寝前
  • 間食

 

個人的に意識している摂取タイミングはこんな感じです。赤文字はプロテインの摂取タイミングです。

 

  • 起きた後すぐ(6時半)
  • 朝食(7時半)
  • 間食(10時頃)
  • 昼食(12時頃)
  • 間食(15時頃)
  • 夕食(19時頃)
  • トレーニング後(22時頃)
  • 就寝前(24時頃)

2-2.クレアチン

クレアチンはアミノ酸の一種です。

 

筋肉そのものをアップさせたい人にお勧めサプリメントです。

2-2-1.クレアチンの効果

クレアチンの効果は下記の3つです。 

 

  • 運動パフォーマンスの向上
  • 筋肥大
  • 疲労回復の効果

 

上記3点について、解説していきます。

 

・運動パフォーマンスの向上

瞬発的なパワーを供給するのに加えて、復性運動においてもピーク時のパワーが持続します。

 

・筋肥大

クレアチンの摂取により最大強度の運動を積み重ねるトレーニングが可能となるため、結果的に筋肉量を増やす効果を期待できます。

2-2-2.効果的な摂取タイミング

効果的なタイミングとしては、トレーニング後の疲労回復も効果として期待できるため、トレーニング後がお勧めです。

2-3.BCAA

人が体内で作ることができない必須アミノ酸と言われている成分です。

 

ランニングなどの有酸素運動を行うときに、筋肉のエネルギー源となるので、ランナーにとっては、大事な栄養素の一種です。

2-3-1.BCAAの必要性

BCAAが不足すると、筋肉の分解が始まります。

 

有酸素運動時には、糖質・脂肪・血液中のBCAAを使用するのですが、それらが不足すると、筋肉の材料となっているBCAAをエネルギー源として使用するようになります。

 

筋肉の分解を防ぐには、BCAAが不足しないようにする必要があります。

2-3-2.摂取タイミング

有酸素運動中に不足しないようにする必要があります。

 

効果的な摂取のタイミングとして、運動前や運動中の摂取がお勧めです。

2-4.カルニチン

カルニチンは脂肪代謝に関与するビタミン物質なので、脂肪を燃焼させたい人にお勧めとなるサプリメントです。

2-4-1.効果的なタイミング

トレーニングの30分~1時間後がお勧めです。

3.豆知識

サプリメントは飲むだけでいい体になる魔法の薬ではありません。

 

あくまで日々の努力が不可欠。

4.次回トレーニング内容

次回第38話はパンチ力についてです。

www.hamubee.com

パンチ力を出したいなら、下半身を鍛えましょう…。ボール投げたりするのも同じです。