チューブトレーニングお勧め5選!「ダンベル何キロ持てる?」第35話感想

スポンサーリンク

こんにちは。ナギャオです。

今回は筋トレを題材にした漫画「ダンベル何キロ持てる?」の第35話について紹介していきたいと思います。

今回のテーマはチューブトレーニングについてです。

旅行先や、自宅で手軽に筋トレしたい人にお勧めです。

スポンサーリンク

1.ダンベル何キロ持てる?第35話ストーリ&感想

街雄トレーナーがアメリカに旅立った翌日…。朱美ちゃんは深刻な筋肉不足に陥り、だらけておりました。

まず、朱美ちゃんの陥った筋肉不足って何なんでしょう(・・?

朱美ちゃん曰く、モブマッチョ達の筋肉でも筋肉の補給にはいいが、大胸筋だけは街雄トレーナーから補給しないとだめらしいです。

筋肉不足…。朱美ちゃん専用ワードです。栄養不足みたいな感じで発達した筋肉を見る(補給する)ことにより元気になります。

突然、朱美ちゃんのお姉ちゃんがプライベートジェットでアメリカに行くことを思い出した朱美ちゃん…。相乗りでアメリカに行くことを決意します。

急遽、マッチョの聖地アメリカに降り立った朱美ちゃん一向…。分け合ってお供はひびきちゃんとジーナのみ。マッチョ濃度が上がったおかげなのか、朱美ちゃんはすっかり元気を取り戻しました。

そしてやっぱりアメリカはすごい…。マッチョ濃度が日本の5倍です…。マッチョ濃度ってのはよくわかりませんが、要はフィットネス人口が多いんですね。人口に対する割合が5倍以上らしいです。

普段は頭のいい朱美ちゃんですが、筋肉が絡むとポンコツ化するようです。降り立った場所は大会会場からはめちゃくちゃ遠く、ヒッチハイクで行くことに…。

プライベートジェットでアメリカに連れてきてもらったのはいいけど、到着したのはテキサス州…。

大会の会場はハリウッドなのですが、ざっと1300マイルらしい。

1300マイル = 約2000キロ = 九州約2週

ヒッチハイクの道中暇だからと、乗せてくれたアメリカ人にチューブトレーニングを教わります。

2000Kmの移動をヒッチハイクって、普通にしんどそう( ゚Д゚)

そして、暇つぶしがチューブトレーニングって…(笑)

大会の会場であるハリウッドに到着した朱美ちゃん一向…。即座に街雄トレーナーと遭遇します。

2.チューブトレーニングについて

ゴムの縮む力を負荷に利用したトレーニング方法です。

ゴムであればなんでもいいのですが、一般的には以下のエクササイズバンドが有名ですね。

2-1.チューブトレーニングのメリット

チューブトレーニングを行うメリットは、以下の2点です。

  • 負荷を調整しやすく、けがをしにくい
  • 持ち運びやすく、どこでもトレーニング可能

上記2点について、詳しく解説します。

・負荷を調整しやすく、けがをしにくい

ゴムの持つ場所などによって、負荷を調整することができます。

チューブトレーニングの負荷は、以下の通りですね。

  • (高)ダンベル
  • (中)チューブトレーニング
  • (低)自重トレーニング

・持ち運びやすいので、どこでもトレーニングできる

ダンベルなどの器具と違って、場所を取らないので容易に持ち運びができます。

出張先のホテルでちょっとしたトレーニングができたりします。

2-3.チューブトレーニングメニュー紹介

チューブを使ったトレーニングメニューの一部を紹介します。今回紹介するのは、以下の5種類ほどです。

  • チューブプッシュアップ
  • アームカール
  • チューブクランチ
  • スクワット
  • シーテッドローイング

上記について、詳しく解説します。

1.チューブプッシュアップ

自重トレーニングの腕立て伏せと同じトレーニングになります。

チューブを使用する分、強度が少し増します。

2.アームカール

ダンベルを使用したアームカールと同じトレーニングになります。

ダンベルを使用するよりは強度は下がります。

アームカールについては、こちら「力こぶの鍛え方!ダンベルカール【自宅筋トレ】がお勧め」の過去記事を参照です。良ければ見てみてください。

3.チューブクランチ

いわゆる腹筋運動と言われるトレーニングになります。

チューブを使用する分、強度が少し増します。

4.スクワット

いわゆるスクワットになります。

チューブを使用する分、強度が少し増します。

スクワットについては、こちら「スクワットはきついですが、メリットだらけです。継続しましょう!」で紹介しておりますので、良ければ参考までに…。

5.シーテッドローイング

広背筋などの背中の鍛えるためのトレーニングです。

3.次回トレーニング内容

次回第37話はプロテインとサプリメントについてです。

食事の補助としての摂取であれば、十分効果を期待できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました