Nagyablog

日々の記録やDIY紹介・ダイエット・筋トレ・ボルダリング等々

ドロップセットのやり方!きついですが効果あり「ダンベル何キロ持てる」第67話感想

スポンサーリンク

こんにちは。ナギャオです。

 

今回は筋トレを題材にした漫画「ダンベル何キロ持てる?」の第67話について紹介していきたいと思います。 

今回のテーマはドロップセットについてです。

 

負荷を下げつつ限界まで筋トレを行うため、非常にしんどいトレーニングになります。しかしより筋肥大する可能性もあったりします。

1.ダンベル何キロ持てる?第64話ストーリ&感想 

何かのトレーニングの休憩中、息の上がった朱美ちゃん。休憩終わりに、挑戦的な目つきで、続きをやろうと訴えます。

朱美ちゃん的には初めてでないかい(・・?朱美ちゃんが立ってられないほど疲弊しているなんて…(-_-;)

 

いろんなトレーニングを知りたいと相談するひびきちゃん…。街雄トレーナーの考案した謎のトレーニングを却下し、朱美ちゃんにドロップセットを教わります。

街雄トレーナーの考案した”マッチョ体操”の概要を聞いた瞬間に一瞬で切り捨てるひびきちゃん…。勉強する気あるのだろうか(・・?

とは言いつつ、「不眠不休で三日間踊りながらタンパク質を摂取し続ける」なんて聞いたら、誰でも切り捨てるんだろうなぁ(笑)

 

何とか、ドロップセットをこなした朱美ちゃん…。しかし相当追い込まれている様子。

休憩後も頑張ったようだけど、最終的には片膝ついた状態なんて、相当きつい…。そしてなぜか劇画タッチ(笑)

 

次はひびきちゃんの番だということで、一緒にあやかちゃんとジーナが一緒にドロップセットに挑みます。

日露マッスル同盟…。何に勝てるのか不明だけど、とりあえずドロップセット頑張ってね(^^♪

 

そこにゆったりと登場した出入苦多朗と立花先生。

一緒にインジムしたことで、カップルだと疑われないかと冗談を言う出入苦多朗…。立花先生は全否定ですね(^^♪

 

二人が目撃したのは全員がぐったりと倒れこむ姿であった。

日露マッスル同盟をもってしても、かなわなかった…。恐るべしドロップセット(笑)

2.ドロップセットについて

通常筋トレを行う場合、セット数ごとに負荷を上げていくのですが、ドロップセットは逆に負荷を落としていくやり方になります。

2-1.ドロップセットのやり方

基本的には筋トレのやり方によるものなので、種目は何でも構いません。

 

基本的なやり方は下記の通りでして、

 

  • 負荷は10回以上反復してできる重量
  • 回数は限界まで行う
  • 2セット目は、20~30%負荷を落とす
  • 回数は限界まで行う
  • 3セット目は、さらに20~30%負荷を落とす

 

上記の通り、負荷を落としながら限界まで回数をこなしていく感じです。

 

これを1セットとして、2~3セット行います。

2-2.ドロップセットを行うメリット

ドロップセットは、限界まで行う性質があるため、めちゃくちゃきついですが、メリットはもちろんあります。

 

  • 筋肥大
  • マンネリ化防止

 

上記の通り、めちゃくちゃきついですが、メリットはしっかりあります。

2-3.ドロップセットを行うデメリット

基本的には限界まで行うわけなので、デメリットももちろんありまして、それは下記の通り

 

  • 他のトレーニングができなくなる
  • オーバーワークになりやすい

 

上記の通りで、めちゃくちゃしんどいですが、筋トレの一番最後にやったり、セット数を調整すればけがなどは予防できたりします。 

3.次回トレーニング

次回第68話はダンベルショルダープレスについてです。

 

www.hamubee.com

 

フロントプレス同様に肩を鍛えることができるトレーニングです。