力こぶの鍛え方!ダンベルカール【自宅筋トレ】がお勧め「ダンベル何キロ持てる?」第8話感想

スポンサーリンク
ダンベル何キロ持てる?

「ダンベル何キロ持てる?」単行本1巻第8話「ダンベルカール」について感想を書きつつ、ダンベルカールについて触れていこうと思います。

  • ダンベル何キロ持てる?第8話の感想を書く
  • 紹介された「ダンベルカール」について解説する

上記の感じで進めていこうと思います。二の腕の力こぶをゲットしたい方は、少しだけお付き合いください。

スポンサーリンク

ダンベル何キロ持てる?第8話の大まかなストーリー&感想

最近体重が増えてしまったと嘆く、立花先生。(ひびきちゃんの学校の先生)
脱ぐとやばいらしいのだが…。同僚には「見せる相手なんていないでしょ」と厳しい一言を言われております。き、厳しい…( ゚Д゚)

立花先生は、そんな同僚にシルバーマンジムのチラシをもらって、ジムに体験に行くことに…。
知り合いには会いたくないと言っていたのに、いきなり更衣室で、ひびきちゃん一向に遭遇しちゃいましたね(^^)/どんどんひびきちゃんワールドに引き込まれていきますよ(笑)

いきなり生徒と遭遇して、やる気をなくした立花先生…。体験だけして帰ろうとするが、街雄トレーナーに出会うやいなや、入会を決意します。
早っ( ゚Д゚) 結局さわやかイケメンに弱い登場人物…。朱美ちゃんだけは、若干入会理由が違うけど(;´∀`)

そんな立花先生の初めてのトレーニングは…。ダンベルカールでした。
それにしても、ひびきちゃん…。喧嘩を売るのがうまいです。「年を取ってけがの回復が遅くなった」なんて、29歳の先生に言ったら、そりゃ切れますわ(笑)

立花先生が、ダンベルカールを行っている最中、朱美ちゃんが気が付いてしまいました…。「おなかが見えてますよ。変わった日焼けをしてますね?
き、気づかれてはいけない部分を気づかれてしまいましたね…。先生(‘ω’)ノ

怪しい趣味だと決めつけるひびきちゃんに、街雄トレーナーは「趣味は人それぞれだよ。立花先生がどんなハードコアな趣味を持っていようが、自由でいいじゃないか」と納得させます。
いやぁ~…。トレーナーよ、勘違いに勘違いで説得しようとするなんて、立花先生を追い込んでるだけですよ(*‘∀‘) なんて、天然なんだろう。

まあ、絶対ばれたくないですよね…。コスプレが趣味なんて…。( `ー´)ノ 

力こぶを作るために重要な筋肉は上腕二頭筋です

力こぶを作るために必要な筋肉は「上腕二頭筋」と言われる部分になります。

二の腕の上側にある筋肉で、肘を曲げるための筋肉になります。

上腕二頭筋を鍛えると得られるメリットは2つです

上腕二頭筋を鍛えることで、2つほどメリットがあります。

  • 腕の見た目がよくなる
  • 運動パフォーマンスの向上

見た目だけでなく、運動能力の向上も期待できます。下記で詳しく掘り下げていきます。

上腕二頭筋を鍛えるメリット①腕の見た目がよくなる

上腕二頭筋を鍛えることにより、力こぶができます。

筋肉をアピールするためには、服を脱ぐ必要があるのですが、力こぶについては、服の上からでもアピールすることが可能です。

特にTシャツを着た時の見た目はあこがれますよね。

上腕二頭筋を鍛えるメリット②運動パフォーマンスの向上

上腕二頭筋を鍛えることにより、見た目だけでなく運動パフォーマンスの向上も期待できます。

上腕二頭筋は主に、下記の様な場合に使われています。

  • 物を引く
  • 物を持ち上げる
  • 振り下ろす動作
  • 物を投げる動作

上記の通りなのですが、単純に重たいものをもったりするだけでも必要ですし、スポーツ面でもメリットだらけです。

上腕二頭筋を鍛えるトレーニングをいくつか紹介します

上腕二頭筋を鍛えるトレーニングとして、ざっくり以下の3種類くらいあります。

  • ダンベルカール
  • ハンマーカール

上記のおとりです。それぞれ解説していきますね。

上腕二頭筋を鍛えるトレーニング①ダンベルカール

ダンベルカールのやり方は、大まかに下記の感じなります。

  • ダンベルを持って立つ
  • 肘を曲げて、ダンベルを持ちあげる
  • トップまで持ち上げたら、ダンベルを下す

上記の動作を左右同時に繰り返していきます。

男らしい腕を作るダンベルアームカール in 三軒茶屋 Retra

ダンベルカールを行う上での注意点はこんな感じです。

  • ダンベルを上げるときに肘が前後に揺らさない
  • 下すときに肘を伸ばし切らない
  • 上げるときは手首を外側に回転させる
  • 上げるときは上半身の反動を使ってあげない

上記の通りです。まっすぐ上げるより、少しひねりを加えたほうが効果的に鍛えることができて、けがの予防にもつながります。

重たい重量のダンベルを上げるときに無理に上げようとして、上半身の反動を使ってあげてしまいがちなので、反動は使わないようにしましょう。上腕二頭筋に刺激がいきにくくなります。

おすすめは、背中を壁に密着させて行うと、反動を使わずに行うことができます。

ダンベルカールの適正重量

ダンベルカールを行う際の適正重量についてです。一般的な平均重量はこんな感じです。

  • 一般男性:10~15Kg
  • 一般女性:5Kg~7Kg

ただし、無理をして重たい重量を上げようとした場合、先ほど紹介しました、チーティング(反動)を起こす可能性がありますので、軽めの負荷でやることをお勧めします。

上腕二頭筋を鍛えるトレーニング②ハンマーカール

ハンマーカールのやり方については、「ハンマーカールのやり方」にて紹介しておりますので、参考にしてみてください。

ダンベル何キロ持てる?第9話予告

次回第9話はフロントプレスにについてです。

肩周りを鍛えるためのトレーニングで、肩幅が広がりウエストが細く見える効果がありますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました