広背筋の筋トレメニュー!ラットプルダウンがおすすめ!「ダンベル何キロ持てる?」第6話感想

スポンサーリンク
ダンベル何キロ持てる?

「ダンベル何キロ持てる?」単行本1巻第6話「ラットプルダウン」について感想を書きつつ、ラットプルダウンについて触れていこうと思います。

  • ダンベル何キロ持てる?第6話の感想を書く
  • 紹介された「ラットプルダウン」について解説する

上記の感じで進めていこうと思います。逆三角形のかっこいい背中を作りたい方は少しだけお付き合いください。

スポンサーリンク

ダンベル何キロ持てる?第6話の大まかなストーリ&感想

ジムの更衣室においてあった体重計で体重を測るひびきちゃん…。体重が増えていることに衝撃をうけつつ鏡に映った姿をみて、「このままじゃゴリマッチョになる」と不安になってました。
ひびきちゃんの想像するゴリマッチョにはそう簡単にはなれないけどね…。そしてひびきちゃんの場合は明らかに食べ過ぎ(笑)

街雄トレーナーと朱美ちゃんの解説により、筋肉が大きくなって体脂肪率が下がった証拠ということで、安心させられます。
体脂肪率測定しておけばよかったかもね!(^^)!

朱美ちゃんの解説により、筋トレは大きい筋肉から順にやっていくと効率がいいことを知ったひびきちゃん…。背中のトレーニングがお勧めとのことで、ラットプルダウンを教えてもらいます。

実際にラットプルダウンを始めようとしたひびきちゃんですが、一抹の不安を覚えます。「このトレーニング…やり過ぎたら、街雄さんみたいな背中になっちゃうのかな?
なりませんよ(;^ω^) 朱美ちゃんも言ってるじゃないですか…。「その程度のトレーニング量じゃ、筋肉がつき過ぎることなんて絶対にないから安心してね」若干小ばかにしてますよね…。朱美ちゃん(^^♪

筋肥大をさせたくない場合は、筋持久力を中心に鍛えたらいいと教えてもらいます。筋肥大を気にするひびきちゃんにはお勧めかもですね(^^♪ しかもさりげなく初心者のひびきちゃんにデッドリフトを教えようとするなんて…。鬼畜ですね( ゚Д゚)

トレーニングしてシャワーを浴びたひびきちゃん…。シルバーマンジムに常備されているプロテインバーでプロテインを飲みます。
街雄トレーナー自ら作ってくれるなんて…。どんだけすごいジムなんだ???めちゃくちゃ金かかりそう(;゚Д゚)

たんぱく質を多めにとったほうがいいと知ったひびきちゃんは、朱美ちゃんを誘い、ステーキ300gを何皿も食すのであった。
完全にフードファイターですね(笑)そして訪れたお店の名は…「とつぜんステーキ」なんか聞いたことあるな(^^♪

ラットプルダウンで背中の筋肉を鍛えよう!

ラットプルダウンを行うことにより、背中の筋肉を鍛えることができます。主に鍛えることができる筋肉としては下記の通りでして、

  • 広背筋
  • 大円筋
  • 僧帽筋(中部・下部)

上記の通り背中の筋肉を中心に鍛えることができます。

ラットプルダウンを行うとどんな効果があるの?

ラットプルダウンを行うことにより、背中の筋肉を中心に鍛えることができるのですが、その効果については「チンニングのやり方とコツ解説!できない人は別の方法で鍛えれる!「ダンベル何キロ持てる?」漫画第15話感想」にて紹介していますので、参考にしてみてください。

ラットプルダウンのやり方とコツ解説します。

ラットプルダウンは大きく分けると下記のやり方に分けられます。

  • フロントネック(首より前)
  • ビハインドネック(首より後ろ)

上記の通りでして、首より前に下すか首より後ろに下すかで変わります。広背筋に効かせたい場合はフロントネックがおすすめです。

ラットプルダウンのやり方とコツ①フロントネック

フロントネックの場合は、首より前にバーを下すやり方になります。やり方は下記の通りでして、

  • 肩幅より広めにバーを握る
  • バーを胸に触れるくらいまで引き下ろす
  • 引いたバーをゆっくり戻す

上記の通りです。動作時のポイントとしては

  • 上半身は後方に引きながらバーを下す(胸を張る)
  • バーを戻すときは力を抜かずにゆっくり戻す

背中を鍛えるラットプルダウンのやり方[筋トレ]

ラットプルダウンのやり方とコツ②ビハインドネック

ビハインドネックの場合は、首より後ろにバーを下すやり方になります。やり方は下記の通りでして、

  • 肩幅より広めにバーを握る
  • バーを首の付け根まで引き下ろす
  • 引いたバーをゆっくり戻す

上記の通りです。動作時のポイントとしては

  • 顔は斜め前方に傾斜させる
  • 背中はそらない

プルダウン・グリップの違い(バック)【糸井トレーナー】

ラットプルダウンをやってたら懸垂できるようになった話!

チンニング(懸垂)ができない人は、ラットプルダウンで背中の筋肉を鍛えると、少しだけできるようになってきます。

チンニング(懸垂)ができない理由としては、「チンニングのやり方とコツ解説!できない人は別の方法で鍛えれる!「ダンベル何キロ持てる?」漫画第15話感想」でも紹介しておりますが、背中の筋肉が発達していないからともいえます。

個人的にはチンニング(懸垂)が3回ほどしかできなかったのですが、ラットプルダウンを継続していたら、10回はできるようになりました。

ダンベル何キロ持てる?第7話予告

次回第7話はトレーニングではなく、チートデイについてです。 

あまり聞きなれない言葉かと思いますが、ダイエット(減量)するためには大事な要素となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました